> 

めまいに関する基礎知識や症状の説明。効果的な食品や成分など。

めまい

めまい【概要】

めまいの症状は人によって異なるが、次のように大別されます。

ひとつは回転性のめまい。

自分の体の周りのものがぐるぐる回る感覚に襲われる。立っていられなくなったり吐き気をもよおすこともあります。ある一定の頭位をとると起こる「良性発作頭位変換性めまい症」である場合が多いが、「メニエール病」なども疑われる。

もうひとつは周囲がゆらゆら揺れる、体がふらふらするような感じは非回転性めまい。

症状はそれほど強くありませんが、長く続くことが多い。内耳炎、突発性難聴、脳血管障害、高血圧・低血圧などによるもので、ストレスが関係している場合もあります。

歩行中、右左に体が揺れる感じがする場合は平衡失調。メニエール病、中耳炎、聴神経腫瘍のはか、薬の副作用で起こる内耳障害も疑われます。

立ちくらみもめまいの一種です。脳に流れる血液が一時的に不足するために起こる生理現象で、病気の可能性は低い。

女性のめまいは、PMS(月経前症候群)、更年期、ストレスが原因であることが圧倒的に多く、メニエールや難聴、脳の異常はそれに比べて少ない。

めまいや耳鳴りがある場合はまず、耳鼻咽喉科や脳外科を受診して、耳や脳に異常がないか検査を受けましょう。

また、内科で高血圧症、動脈硬化、糖尿病などの病気が隠れていないか診てもらう。その後、産婦人科の受診をすすめます。

ホルモンバランスが崩れていたり、過度なストレスや不規則な生活習慣で自律神経が乱れ、めまいや耳鳴りを慢性化させている場合もあるので、女性外来や心療内科で心身両面からの治療が必要になるケースもあります。

めまいの予防・改善・解消に関して

まずは不規則な生活を改善するのが、めまい予防・改善・解消に効果的です。

休息、栄養、適度な運動を取り入れて生活リズムを整えましょう。ゆっくりお風呂に入るなど、リラックスすることも大切です。

逆にタバコ、過度のアルコール、カフェイン、香辛料は症状を悪化させます。

栄養面で効果的なのはビタミンB群。神経の代謝を促すビタミンB12は、めまい・耳鳴りの治療薬として使われます。

脳や体の疲労回復に必要なビタミンB1、ビタミンB2、神経の働きを安定させるビタミンB6も合わせて摂りたい。貧血によるめまいには鉄が有効。女性には、体を温めるイラクサ(ネトル)、滋養強壮効果のある高麗ニンジンもおすすめだ。

めまいに効果・効能があると思われる食品成分

めまいに効果・効能があると思われる健康成分には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにめまいについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「めまい 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加