NO IMAGE

α-リポ酸の抗酸化作用

全身に作用し、体内の抗酸化力を維持するα-リポ酸 α-リポ酸は体内に存在する補酵素で、肌広い抗酸化作用を持ちます。その他にもα-リポ酸は糖質からのエネルギー産生を助け、疲れにくい体、太りにくい体づくりに役立つ一方、年齢とともに体内の合成量は減少傾向になります。

NO IMAGE

アスタキサンチンの抗酸化作用

持久力向上、目や脳の健康に役立つアスタキサンチン アスタキサンチンはサケの身やイクラ、藻などに多く含まれる、鮮やかな赤い色をしたカロテノイドの一種です。 アスタキサンチンはサケが遡上する時に大量に発生する活性酸素から筋肉を守り、イクラの中にあるDNAを紫外線から守るなど、非常に強力な抗酸化作用があることで注目されています。

NO IMAGE

コエンザイムQ10の抗酸化作用

全身に存在し、抗酸化作用を発揮するコエンザイムQ10 コエンザイムQ10は体を構成する約60兆個の細胞のほとんどに存在し、エネルギー産生の約9割に関わる補酵素です。 コエンザイムQ10は心臓のポンプ機能を高めることで心臓の健康や、疲労回復、体力維持に働きかけます。また、コエンザイムQ10は強力な抗酸化作用をもち、老化や様々な病気につながる細胞の酸化を防ぎます。

NO IMAGE

抗酸化作用とは

活性酸素に対抗するには抗酸化作用が必要不可欠 日々の生活で発生する活性酸素を消去するには、抗酸化作用のある成分で対抗することが不可欠です。

NO IMAGE

活性酸素とは

活性酸素の悪影響 ストレスや紫外線だけでなく、酸素を吸うだけで発生してしまうのが活性酸素です。本来、活性酸素は、外界から侵入したウイルスや細菌を殺菌・消毒するなどの働きがあり、体にとって必要不可欠なものです。

NO IMAGE

ストレスを悪化させる生活習慣

「飲酒」「喫煙」はストレス悪化に 「ストレスが多いから」とつい増えてしまうのが飲酒や喫煙。ところがどちらも、ただでさえストレスによって減少するビタミンCやカルシウムを更に減少させるので、ますますストレスを助長する恐れがあります。

NO IMAGE

便秘と便秘解消を知る

排便リズムをととのえ、毎日すっきり便秘解消。食物繊維と乳酸菌が頼りに 便秘とは何でしょうか? 毎日排便がなくても、かたさが適度でスムーズに出れば、便秘ではありません。 一方、便通が3日以上なかったり、排便があっても、かたく、少量の便しか出ず、残便感などがある場合は便秘です。 便秘になっても、3~4日で改善して排便リズムがもどってくるものを「一過性便秘」といい、食生活の急な変化や排便を我慢することなどで起こります。

NO IMAGE

ストレスで不足する栄養成分3 [カルシウム]

イライラを抑え、ストレス対策に必要なカルシウム 骨の形成に不可欠なことで知られるカルシウムですが、不安やイライラを抑える精神安定の効果もあり、ストレス対策にも欠かせません。 他にも、血液の凝固作用や筋肉の収縮作用、精神安定、血圧のコントロールなど、重要な役割を担うカルシウムです。

NO IMAGE

ストレスで不足する栄養成分2 [ビタミンC]

抗ストレスホルモンの合成に使われるビタミンC ビタミンCは、体内での多くの化学反応に関与しています。たとえばストレスを感じると、副腎皮質から分泌されるホルモンの合成を促進します。つまりストレスが増えると、ホルモンを合成するためにビタミンCが多く消耗されてしまいます。