α-リポ酸の抗酸化作用

全身に作用し、体内の抗酸化力を維持するα-リポ酸

α-リポ酸は体内に存在する補酵素で、肌広い抗酸化作用を持ちます。その他にもα-リポ酸は糖質からのエネルギー産生を助け、疲れにくい体、太りにくい体づくりに役立つ一方、年齢とともに体内の合成量は減少傾向になります。α-リポ酸

α-リポ酸はほうれん草やブロッコリー、トマトや牛レバーなどに含まれますが、その量はごくわずかなので、積極的に補うことが大切です。

α-リポ酸の幅広い抗酸化作用

α-リポ酸は体のあらゆる場所で抗酸化作用を発揮し、更に他の抗酸化物質を補助する働きもあります。

体のあらゆる場所で抗酸化作用を発揮

抗酸化成分には、細胞の外側で働く水溶性のビタミンCや、細胞の外壁である細胞膜の脂質の中で働く脂溶性のビタミンE、コエンザイムQ10がありますが、α-リポ酸は水溶性・脂溶性両方の性質をもつ珍しい成分のため、体のあらゆる場所で抗酸化作用を発揮します。

他の抗酸化成分を再生

α-リポ酸は、自身が抗酸化成分として作用するだけでなく、抗酸化作用を失ったビタミンC、ビタミンEやコエンザイムQ10などを再生する働きもあり、体内の抗酸化力を維持する役割も担っています。