ストレス解消一覧

現代社会とは切っても切り離せないストレス。発散したくても、忙しさに追われて、誰もがつい抱え込みがちです。そんなストレスは精神的に悪影響を及ぼすだけでなく、栄養成分の不足の要素となったり、活性酸素を増殖させる原因にもなり、健康面でもさらにはアンチエイジングにも大きく影響を及ぼす原因にもなります。ここではそんなストレスに効く栄養成分の研究とストレス解消方法をまとめました。

NO IMAGE

ストレスを悪化させる生活習慣

「飲酒」「喫煙」はストレス悪化に 「ストレスが多いから」とつい増えてしまうのが飲酒や喫煙。ところがどちらも、ただでさえストレスによって減少するビタミンCやカルシウムを更に減少させるので、ますますストレスを助長する恐れがあります。

NO IMAGE

ストレスで不足する栄養成分3 [カルシウム]

イライラを抑え、ストレス対策に必要なカルシウム 骨の形成に不可欠なことで知られるカルシウムですが、不安やイライラを抑える精神安定の効果もあり、ストレス対策にも欠かせません。 他にも、血液の凝固作用や筋肉の収縮作用、精神安定、血圧のコントロールなど、重要な役割を担うカルシウムです。

NO IMAGE

ストレスで不足する栄養成分2 [ビタミンC]

抗ストレスホルモンの合成に使われるビタミンC ビタミンCは、体内での多くの化学反応に関与しています。たとえばストレスを感じると、副腎皮質から分泌されるホルモンの合成を促進します。つまりストレスが増えると、ホルモンを合成するためにビタミンCが多く消耗されてしまいます。

NO IMAGE

セロトニンの増やし方

日常生活でセロトニンを増やすために ストレス解消や精神的安定に重要な要素となるセロトニンですが、日常生活においていくつか気をつけることでセロトニンを増やすことができるようです。

NO IMAGE

ストレス解消に有効なセロトニン

ストレス解消の鍵は神経伝達物質「セロトニン」 ストレスが長期間に及ぶと、免疫系が乱れ、不安感、不眠、過食、食欲不振、肌荒れ、肥満、抜け毛、薄毛など、体の各所にあらゆる症状として現れるというのは前回説明した通りですが、ストレスを解消するためにはどうすればいいのでしょうか。

NO IMAGE

ストレスの原因と影響

ストレスの原因は様々 厚生労働省「平成20年国民健康・栄養調査結果の概要」によると、最近1ケ月でストレスを感じた人の割合は、「大いにある」「多少ある」を合わせると、男性57・9%、女性64・1%でした。この結果からも、大半の人が日々ストレスを感じながら生活していることがわかります。ストレスの原因は、仕事や人間関係から、過度な情報に囲まれた環境、老化など様々です。

NO IMAGE

心だけの問題ではないストレス

ストレスのダメージは心身の不調となって現れる!? 現代人の誰しもが感じているストレス。これを放置してどんどんストレスが溜まると深刻な問題になることがあります。ストレスが溜まると体内では大切な栄養成分が大量に消費されてしまい、代わりに体をサビさせてしまう活性酸素が増殖してしまいます。