> 

lactoferrin らくとふぇりん  効果、効能、食品

ラクトフェリン

ラクトフェリン【概要】

ラクトフェリンは哺乳類の乳や唾液、涙、血液の白血球にも含まれている成分です。

ラクトフェリンは、その粉末が赤色なので『赤色たんぱく質』と呼ばれていましたが、『ラクト=乳』の中の『フェリン=鉄』と結合するたんぱく質ということから付けられました。

ラクトフェリンは鉄分と結合しやすい特質があり、細菌が生きていくために必要な鉄分を奪うことにより増殖を抑えたり、死滅させる働きがあります。体内の鉄分がラクトフェリンと結びつく事で吸収されやすくなるので貧血の改善、予防に役立ちます。また、ラクトフェリンの消化物中に強い抗菌活性を示す物質があり大腸菌、O-157、ピロリ菌、水虫菌、C型肝炎ウィルス、B型肝炎ウィルス、ヘルペスウィルスなどに対する効果が多数上げられています。

ラクトフェリンが腸内の悪玉菌に必要である鉄分を奪うことで増殖を抑え、善玉菌であるビフィズス菌を優位にし腸内を安定させます。

ラクトフェリンはドライミルクに配合されていたり、最近ではヨーグルトにも含まれています。ただし、日本の牛乳は加熱処理がされているので熱に弱いラクトフェリンは牛乳からは摂取できません。

副作用は認められていませんが、乳蛋白アレルギーのある方は医師への相談が望ましいでしょう。

ラクトフェリンの効果・効能があると思われるもの

ラクトフェリンには以下のような効果・効能が期待できます。

■ラクトフェリンが含まれる食品例

ラクトフェリンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

チーズ / 牛乳 / 
■もっと調べる
下の検索フォームにラクトフェリンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ラクトフェリン 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加