> 

niacin ビタミンB3 ニコチン酸 ニコチン酸アミド ないあしん  効果、効能、食品

ナイアシン

ナイアシン【概要】

ナイアシンとはニコチン酸やニコチン酸アミドなどの総称で、生体中にもっとも多く存在するビタミンです。ナイアシンは別名ビタミン3とも呼ばれます。

ナイアシン(ビタミンB3)の効果・効能

ナイアシンの働きのひとつは、体内で重要な役目をもつ酸化還元酵素の補酵素の構成成分として、糖質や脂質の代謝を促すことです。

体内で必要なエネルギーのうち、60~70%はナイアシンから作られるエネルギーに頼っているといわれています。

このため、ナイアシンには血行が改善され、脳神経の働きを強めたり、心筋梗塞の再発を防ぐなどの効果・効能があるとされます。

またナイアシンには喘息患者の喘鳴(呼吸のたびに出るゼイゼイ音)を起こりにくくする効果・効能がありますが、これは体内のさまざまな場所に炎症を引き起こすヒスタミンを減少させるためと考えられています。

さらに、正確な仕組みはまだ明らかになっていませんが、ナイアシンは、肝臓がコレステロールを作る能力を低下させるともいわれています。

ナイアシン(ビタミンB3)を含む食品・食べ物・摂取方法

ナイアシンはカツオやサバ、マグロなどの魚肉のほか、鶏肉、レバー、緑黄色野菜、豆類、小麦胚芽や米ぬか、その他の穀物などに比較的広く含まれています。

このようにナイアシンは広く食品に含まれる成分であるため、日常の食生活から適度な量を摂ることができるため不足の心配はあまりありません。

逆に、1日の所要量は日本人の成人男性では14~17mg、女性は12~13mgとされており、すぐに尿からも排出されてしまうので、通常の食事で摂りすぎてしまうこともまずないと言えます。

また、アミノ酸の一種であるトリプトファンからもナイアシンが合成されます。トリプトファンは良質なタンパク質に多く含まれているので、良質タンパクを摂ることでナイアシンを補うことができます。

ナイアシン(ビタミンB3)の副作用・注意点

ナイアシンは正しく用いれば悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用があるとされますが、専門家のチェック無しに無分別に用いると危険です。

サプリメントなどでコレステロール濃度の改善が期待できるほど多量のパントテン酸を摂れば、神経過敏、頭痛、腸けいれん、悪心、下痢などの副作用が現れる可能性があります。

またパントテン酸30mgはどの摂取で顔が紅潮してかゆくなるフラッシングが起こる。ただしこの症状はニコチン酸に多く、ニコチン酸アミドには見られない。

ナイアシンの効果・効能があると思われるもの

ナイアシンには以下のような効果・効能が期待できます。

肌荒れ・ニキビ / 薄毛(はげ) / 不眠症 / 二日酔い /  / 糖尿病 / 精神安定 / 血行促進 / 肝臓 / 

■ナイアシンが含まれる食品例

ナイアシンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにナイアシンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ナイアシン 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加