> 

catechin かてきん  効果、効能、食品

カテキン

カテキン【概要】

カテキンは緑茶の渋味成分の一種で別名タンニンとも呼ばれています。

カテキンは身体の老化や発ガン性物質生成の原因となる活性酸素を抑える抗酸化物質のポリフェノールの一種です。

お茶の効用の多くがカテキンによることが、ここ10年くらいの研究で次第に明らかにされてきました。現在、カテキンの効果として最も注目されているのは、抗ガン作用と抗微生物作用です。抗ガン作用については、静岡県内で緑茶をよく飲む地域ほどガンによる死亡率が低いという疫学的研究が発端です。また、米国の国立研究機関によってガンの予防薬としての成分としてカテキンが検討されています。良質な緑茶から抽出されたポリフェノールはビタミンEの10倍、ビタミンCの80倍というすぐれた抗酸化力を持っています。また体内の毒素を消し、細胞や遺伝子の損傷を防ぐはたらきがあります。そのため環境汚染や食品添加物、紫外線やストレスなどから身を守る成分として注目されています。

カテキンの効果・効能があると思われるもの

カテキンには以下のような効果・効能が期待できます。

口臭 / 歯周病 / 痴呆症 / 糖尿病 / 殺菌作用 / 抗酸化作用 / 高血圧 / ガン(癌) / 花粉症 / コレステロール / 高脂血症(脂質異常症) / 

■カテキンが含まれる食品例

カテキンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにカテキンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「カテキン 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加