> 

glucosamine ぐるこみんさん  効果、効能、食品

グルコサミン

グルコサミン【概要】

  • グルコサミンはブドウ糖から合成されるアミノ酸の一種。
  • グルコサミンは関節痛、変形関節症の痛みを軽減するのに効果的。
  • グルコサミンは食品からの摂取はあまり期待できない。

グルコサミンは体内で生成される軟骨細胞で、ブドウ糖から合成されるアミノ酸の一種です。変形関節症などひざなど関節の痛みを軽減する作用があるとして注目されている成分です。

自然界においてはカニエビなど甲殻類の殻にキチン質として多く含まれています。その他、山芋オクラなどもに含まれていますが、食品に含まれるグルコサミンをそのまま摂取してもグルコサミンの吸収率は低く、実際にはサプリメントや健康食品としての摂取が一般的なようです。

尚、グルコサミンにはいくつかの種類があります。サプリメント等で利用されるのは主に「硫酸グルコサミン」と「塩酸グルコサミン」の2つです。この内「硫酸グルコサミン」の方が有効性を示唆する報告が多いようです。

グルコサミンの効果・効能

人間のと骨の接合部分には軟骨があり、それが関節の動きをスムーズにしています。

軟骨はグルコサミノグリカンというムコ多糖類(粘性をもった物質)でつくられますが、このムコ多糖類を産出するにはグルコサミンの働きが必要です。若いうちは体内でグルコサミンが順調につくられるので心配はいりませんが、年齢を重ねるにつれてグルコサミンの生成が低下していきます。

グルコサミンの生成が低下すると軟骨が少しずつすり減り、骨と骨とが直接こすれ合うことで違和感や痛みを感じるようになります。

中高年に多い関節痛・変形関節症などはこれらが主な原因と考えられています。またスポーツで体を酷使することによって軟骨が摩滅し、同様の症状になることも多くあります。

グルコサミンの補給はそういった症状に効果的と言われています。軟骨に水分を吸引するコンドロイチン硫酸と合わせて摂取すると、さらに効果的と言われます。

またグルコサミンは同様の作用から関節リウマチや顎関節症などにも効果・効能が期待されています。さらには、グルコサミンが生成成分となっているグルコサミノグリカンはヒアルロン酸の成分でもあるため、グルコサミンが美肌にも効果的と考えられる場合もあるようです。

尚、グルコサミンの経口摂取における効果性は賛否両論あり、実験報告においても効果があるものと無いものがあり、結論はでていないようです。ただし、グルコサミンに効果があるとされる報告でも重度の症状の場合は経口摂取では効果みられなかったとされています。

グルコサミンの摂取方法としてはサプリなど経口摂取の他に、筋肉注射等、直接投与する方法があります。

グルコサミンの副作用・注意点

グルコサミンは一般的な経口摂取であれば安全と考えられています。ただし、長期間に渡る使用は控えた方がいい他、妊娠中、授乳中における摂取の安全性も確認されていません。

グルコサミンはインスリンやコレステロール値、血圧に作用するという懸念もあるため、糖尿病高脂血症 (脂質異常症)高血圧の方、またはその疑いがある人は注意が必要とのことです。

グルコサミンの効果・効能があると思われるもの

グルコサミンには以下のような効果・効能が期待できます。

変形性関節症 / 関節痛 / 

■グルコサミンが含まれる食品例

グルコサミンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにグルコサミンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「グルコサミン 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加