> 

くろむ Chromium Chromium  効果、効能、食品

クロム

クロム【概要】

クロムはインスリンを活性化させるダイエットミネラルと呼ばれる必須微量ミネラルです。

クロムは肝臓や腎臓、血液、牌臓に存在し、膵臓から分泌されるインスリンの働きを助けます。

クロムの効能・効果・働き

体内に取り入れられた糖質は、ブドウ糖に分解されて小腸から吸収されます。これが血液中に入って血糖値が上がると、膵臓からインスリンが分泌され、ブドウ糖を筋肉や肝臓に取り込む働きをします。

この時ブドウ糖は、エネルギーが不足していると筋肉細胞に取り込まれて運動エネルギーとして消費されるが、エネルギーが十分な場合、脂肪細胞に蓄積されてしまう。

クロムはインスリンの働きを活性化し、血液中のブドウ糖が筋肉細胞に効率よく取り込まれるように手助けをする。

インスリンはクロムがなければ活性化しないので、クロムが不足すると、糖の代謝がスムーズにいかなくなり、コレステロール値が高くなったり、疲れやすいなど糖尿病に似た症状があらわれる。

この状態をはっておくと、糖尿病や動脈硬化を引き起こしてしまうのだ。さらにクロムは、脂質の代謝も促進し、血液中の中性脂肪やコレステロール値を正常に保つ働きもある。

クロムでダイエット効果を期待する場合の注意点

クロムの作用を利用してダイエットをする場合は、運動を併用したい。ブドウ糖は、筋肉細胞で十分に利用されないと、大量に脂肪細胞へと流れ込んでしまう。

運動をして筋肉を鍛ておけば、クロムの作用する場所が増え、より多くのブドウ糖が筋肉細胞で利用できるようになるというわけです。

クロムを含む食べ物・食品・摂取方法

クロムは穀物、肉類、豆、ナッツ、キノコなどさまざまなものに含まれているので、普段の食事で不足することはない。

クロムの1日の摂取量は男性で35ug、女性で30ug。

ただし糖分を多く摂れば、インスリンの分泌も増加するため、それだけクロムの消費量も増えて不足しがちになる。

糖分の代謝に不可欠などタミンB1といっしょに摂ると効果的です。

クロムの過剰摂取・副作用・注意点

糖尿病の治療薬を服用している人は、低血糖を引き起こす可能性もあるのでサプリメントや健康食品などでのクロム服用を避けたい。

またクロムの過剰摂取によって腎機能に弊害が起こるという研究結果もある。1日
の上限摂取量は250ug。サプリメントで補給する場合は、上限を超えないように注
意しましょう。

クロムの効果・効能があると思われるもの

クロムには以下のような効果・効能が期待できます。

動脈硬化 / 糖尿病 / 

■クロムが含まれる食品例

クロムが含まれる食品には以下のようなものがあります。

きのこ / 切干大根 / あさり(浅蜊) / うるめいわし / ひじき / チーズ / 卵(たまご) / 鶏肉 / 玄米 / 
■もっと調べる
下の検索フォームにクロムについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「クロム 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加