> 

sinigrin しにぐりん  効果、効能、食品

シニグリン

シニグリン【概要】

シニグリンとはワサビの根茎やクロガラシの種子に含まれる成分で、酵素作用により辛味と独自の香気を持つアリルカラシ油(アリルイソチオシアネート)を生じさせます。

シニグリンの効果・効能

シニグリンは唐辛子に含まれるカプサイシン、胡椒のチャビシン、生姜のジンゲロン同様、辛味成分の一種なので、抗菌作用、防腐作用血行促進作用、食欲増進作用などが期待されます。

シニグリンの利用法

シニグリンを含むワサビの根茎など、生ものをすりおろすなどして、適量を用いると効果的です。シニグリンは加工品として、ペースト状のものや漬物類などからも摂取できます。

シニグリンの副作用・注意点

シニグリンは刺激性が強いので過剰摂取は避けた方がよいです。

シニグリンの効果・効能があると思われるもの

シニグリンには以下のような効果・効能が期待できます。

抗菌・殺菌 / 血行促進 / 食欲増進 / 殺菌作用 / 

■シニグリンが含まれる食品例

シニグリンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにシニグリンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「シニグリン 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加