> 

vitaminB1 Vit.B1 ビタミンB1  効果、効能、食品

ビタミンB1

ビタミンB1【概要】

ビタミンB1は疲労回復のビタミンと呼ばる水溶性のビタミンです。

ビタミンB1の効果・効能

ビタミンB1は炭水化物や糖質をエネルギーに変換するのに不可欠な存在です。。脳の原動力であるブドウ糖なども、エネルギーに変えてくれる大切な栄養素なのです。

またエネルギーを作り出す過程でできた乳酸は、肝臓や腎臓に運ばれてブドウ糖に転換され、エネルギーとして使われるのですが、乳酸のエネルギー転換に必要になってくるのがビタミンB1です。

疲労とストレスが蓄積されている人は、特にビタミンB1の摂取が必要です。

ビタミンB1が不足すると

ビタミンB1が不足すると乳酸が蓄積されたままなので、だるさや倦怠感などが生じます。

脳は末梢神経をつかさどる指令塔です。この脳のエネルギーはブドウ糖だけです。ブドウ糖を作り出すにはビタミンB1が必須なので、ビタミンB1が欠乏すると足がしびれたり、運動能力が低下するという症状も現れてきます。

ビタミンB1の欠乏でもっともひどい症状は脚気です。全身の倦怠感や、手足が重くなったりむくんだりします。

また、脳へのエネルギー不足は精神的な不安定をも引き起こしてしまいます。ビタミンB1は脳のエネルギー供給に欠かせない成分ですので、ビタミンB1は脳の精神安定を維持するのにも必要な成分です。

最近では、ビタミンB1に脳内の神経伝達物質を正常に保つ働きがあることから、アルツハイマー病にも効果があるとの報告も寄せられています。

ビタミンB1の摂取方法

ビタミンB1は豚肉やうなぎをはじめ多くの食品に含まれていますが、水溶性で熱に弱いため調理過程で多くのビタミンB1が失われてしまいます。

また現代は疲労・ストレス社会なので常にビタミンB1不足の傾向が強いため少しでも多くのビタミンB1を摂取することをオススメします。

ビタミンB1は水溶性のビタミンであるため、はかのビタミンB群と同様、多量に摂取したとしても体内に蓄積されず、余分なものはすべて排泄されてしまうため摂り過ぎということがありません。

効果的な摂取方法はビタミンB1を含む食材ににんにくを入れて調理することです。ビタミンB1はにんにくに含まれるアリシンと結合してアリチアミンという物質に変換します。

このアリチアミンはビタミンB1の効果・効能をそのままに、脂溶性の性質と熱に強いという調理に強いスーパービタミンB1となるのです。

ちなみにこのアリチアミンというのは滋養強壮剤などで知られている「アリナミン」の主成分です。

ビタミンB1は食材からだけでは不足する可能性があるのでサプリメントを利用するのも一考です。

もっとも効果的な摂取の方法としては、ビタミンB群8種類が入っているビタミンBコンプレックスで摂ることです。B群のビタミンには相互作用があるため、全部一緒に摂取すると、それぞれの効果も高くなるのです。

ビタミンB1の摂り過ぎによる副作用・注意点

ビタミンB1は余分に摂取しても、必要な分量以外は排泄されてしまうため過剰摂取の心配はありません。

よってビタミンB1は体の組織や器官内にたまることはないため、副作用や毒性はありません。

ビタミンB1の場合は過剰摂取よりも欠乏症の方が心配です。清涼飲料水などを大量に飲むと、糖質の代謝が過度に行われ、ビタミンB1が欠乏する場合があります。甘いものを過度に摂り食欲不振になるのは、一時的なビタミンB1欠乏症の可能性があります。

ビタミンB1の効果・効能があると思われるもの

ビタミンB1には以下のような効果・効能が期待できます。

足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / アンチエイジング / 免疫力強化 / 不眠症 / 疲労回復 / 肌荒れ・ニキビ / 粘膜の強化 / 肉体疲労 / 糖尿病 / 動脈硬化 / 精神安定 / ストレス / 血行促進 / 筋肉強化(筋力強化) / 肝臓 / 脚気 / 肩こり / 足のしびれ / 視力 / 頭痛 / 

■ビタミンB1が含まれる食品例

ビタミンB1が含まれる食品には以下のようなものがあります。

唐辛子(とうがらし) / 羅布麻茶(ラフマ茶) / ソーセージ / ヒラメ(ひらめ) / ベーコン / えんどう豆 / 胚芽米 / もやし / ハトムギ(はと麦) / ロイヤルゼリー(ローヤルゼリー) / クロレラ / チェリモヤ / ドリアン / そば(蕎麦) / 豚もも肉 / カシューナッツ / 芽キャベツ / かつお(鰹) / うに(ウニ) / くるみ(胡桃) / パイナップル / わけぎ / ピーマン / たんぽぽ(タンポポ) / 桑の葉 / さつまいも / かぶの葉(蕪の葉) / クレソン / ラム肉 / すっぽん(スッポン) / 鮭の筋子 / のり(海苔) / ごま(ゴマ) / 小豆(あずき) / 豚レバー / 牛レバー / うなぎ(鰻) / 干し椎茸(干ししいたけ) / 枝豆 / 栗(くり) / 小麦胚芽 / 緑茶(お茶) / 豚肉 / ぶり(鰤) / いくら(イクラ) / ヒラタケ(ひらたけ) / 松の実 / 大豆 / 小麦 / 卵黄 / 鶏レバー / ひじき / えのきたけ(榎茸) / ひまわりの種(ヒマワリの種) / そらまめ(ソラマメ) / 玄米 / 黒米 / ごぼう / さやいんげん(いんげん豆) / ツルナ(蔓菜) / よもぎ(ヨモギ) / さくらんぼ(サクランボ) / はと麦(はとむぎ) / ピーナッツ / コリアンダー(香菜) / こい(鯉) / 牡蠣(かき) / シャコ(しゃこ) / マンゴー / シマアジ(しまあじ) / 発芽玄米 /  / エビヅル(蝦蔓) / ケフィア / セロリ / インゲン豆 / マナガツオ(真魚鰹) / 小麦粉 / 大麦 / ハム / サンザシ / カレイ(鰈) / 
■もっと調べる
下の検索フォームにビタミンB1について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ビタミンB1 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加