> 

Chlorophyll くろろふぃる 葉緑素 ようりょくそ  効果、効能、食品

クロロフィル

クロロフィル【概要】

  • クロロフィルは葉緑素とも言われる植物や藻類の色素成分。
  • クロロフィル健康・美容分野で様々な効能が謳われている。
  • クロロフィルは発ガン(癌)防止に期待が持たれている。

クロロフィルとは植物や藻類などに含まれる緑色の色素で、葉緑素ともいいます。クロロフィルは植物が太陽光のエネルギーを使って、空気中の二酸化炭素から糖類を合成する光合成に不可欠な成分です。

クロロフィルを酸化条件下で加熱したりすると、分子内のマグネシウムが水素に置きかわってフェオフィチンとなり、褐色がかった緑色に変化します。

クロロフィルの効果・効能

クロロフィルは健康・美容分野において様々な効能が謳われ、健康食品や化粧品などになっています。それらで示されている効果・効能の主なものは、「口臭・体臭改善作用」「解毒作用」「便秘解消」「整腸作用」「抗炎症作用」「美肌美白作用」「ニキビ改善」「デトックス作用」などです。

これらの効果・効能は各社で研究されているようですが、まだ有効性を確証するところまででは無いようです。

その他には、クロロフィルがコレステロール抑制に作用し、血中脂質の正常化に寄与することがラットの実験で証明されていたり、クロロフィルの成分のひとつである有機ゲルマニウムは、体のすみずみに酸素を送り届ける作用を果たすことがわかっており、クロロフィルを摂取することで貧血の予防と改善が期待できると言われています。

また、クロロフィルは発ガン(癌)防止に期待が持たれています。ショウジョウバエの幼虫に、タンパク質が焦げたときにできる発ガン(癌)物質を餌に加えて与えると、雄は染色体に異常をきたし、成虫になれずに死んでしまいます。

ところが、餌にクロロフィルを混ぜておくと、雌雄どちらも成虫になったという研究報告が出ています。クロロフィルを与えることによって染色体異常の発症が抑制されたわけです。ガン(癌)細胞は一種の染色体異常と考えられていますから、クロロフィルに発がん防止効果が期待できることは確かだとされます。

ただ、クロロフィルは植物の組織内にあって染色体が傷つくことを防ぐと考えられていますが、クロロフィルは紫外線に弱く、紫外線の害を防御しているのがβカロテンなどのカロテノイドであることから、クロロフィルの働きはカロテノイドとの共同作業だともいわれます。

クロロフィルの副作用・注意点

クロロフィルは適切な範囲であれば安全と考えられています。ただし、妊娠中、授乳中の方は、安全性が確認されていないため、使用を避けた方が良さそうです。

クロロフィルの効果・効能があると思われるもの

クロロフィルには以下のような効果・効能が期待できます。

口臭 / 整腸作用 / 解毒作用 / 貧血 / コレステロール / おなら / 

■クロロフィルが含まれる食品例

クロロフィルが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにクロロフィルについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「クロロフィル 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加