> 

citric acid くえんさん  効果、効能、食品

クエン酸

クエン酸【概要】

  • クエン酸は疲労回復効果が高い。
  • クエン酸は免疫力を高める効果も期待できる。
  • クエン酸はミネラル成分を吸収しやすくする。

クエン酸」は柑橘類などのフルーツやに多く含まれる酸味の成分です。クエン酸を含む食品にはレモン、夏みかん、温州みかんグレープフルーツ梅干しなどがあります。これらが酸っぱいのはクエン酸が入っているためです。

クエン酸の健康に対する効能

クエン酸は元気に活動するためには必須の栄養成分と言えます。クエン酸の健康に対する効果には大きく3つのものがあります。

  • 疲労回復効果
  • 免疫力を高める効果
  • ミネラルの吸収を高める効果

クエン酸における疲労回復効果

クエン酸は体内でできた酸性物質を分解してエネルギーにかえる働きで疲労回復を行います。

疲労の原因

食べ物は体内でブドウ糖に変換され、細胞の中で燃やされてエネルギーとなりますが、うまくエネルギーに変換できず燃え残った、言わば燃えカスがたまると乳酸やピルビン酸などの酸性物質に変化し、これが疲労の原因になります。

クエン酸の疲労回復機能

クエン酸はこの酸性物質と結合してさまざまな酸に変化し続け、その間に酸性物質を分解してエネルギーに変えます。これは「クエン酸サイクル」と呼ばれる反応で、最後に再びクエン酸に戻ったときには、体内の酸性物質は減少して、すっかり疲労回復しているというわけです。

●クエン酸サイクル

クエン酸サイクル

「クエン酸サイクル」とは人間に備わった驚くべき疲労回復機能です。クエン酸は「クエン酸→アコニット酸→イソクエン酸→アルファケトグルタル酸→コハク酸→フマール酸→リンゴ酸→オキザロ酸→クエン酸」というように様々な酸に変化し続けることで乳酸やビルビン酸などの疲労物質を<エネルギー>と<二酸化炭素>と<水>に変換します。

このように、クエン酸はクエン酸サイクルを通じて疲労回復に抜群の効果を示します。尚、疲労回復にはビタミンB2ビタミンB6などのビタミンB群も一緒に摂ると、さらに効果的です。

クエン酸における免疫力強化

人間の体は、弱アルカリ性に保たれているときに自然治癒力が最も高まり、病気にかかりにくくなります。この状態が「免疫力が強い」という状態です。

前述したように、うまくエネルギーに変換できずに残ってしまった酸性物質が多くなると疲労するだけでなく、体が酸性に傾いていきます。

そこでクエン酸を摂ることでクエン酸サイクルが活発になり、酸性物質を変換させていくことで体を弱アルカリ性に保つことができます。既述した通り、人の体は弱アルカリ性に保たれいている時に自然治癒力が高まります。これがクエン酸が免疫力を高める理由です。

クエン酸のミネラル吸収を高める効果

クエン酸にはミネラルに対するキレート作用というものがあり、ミネラルを吸収しやすくする効能があります。クエン酸はミネラルの中でも吸収されにくいとされるカルシウムマグネシウムの吸収性を高める効果があります。

このクエン酸のキレート作用の効能は、吸収されにくいミネラル成分を体内に効率よく摂り込むだけではありません。吸収されにくいミネラルは体内で滞留した場合、そのミネラルが酸化する傾向にあるため、その面からもクエン酸は体の酸化傾向を防ぐ効果があります。つまりクエン酸には間接的に抗酸化作用があると言えるのです。

●キレート作用とは

キレートとは化学の専門用語ですが、キレートの語源は”蟹のハサミ”です。蟹のハサミで挟むようにしてミネラルを吸収するのがキレート作用のイメージです。

実際にはもう少し複雑で、一種の化学反応により元の物質を他の物質で取り囲んで別の物質に変換し、元の物質の性質を変化させるのがキレート作用です。変換された物質はキレート化合物と言われます。

一般に吸収されにくいミネラル分は、クエン酸や酢酸などを用いて酸性の条件下で処理すると溶けやすくなり、吸収されやすくなります。これは、ミネラルがキレート化合物をつくったり、金属と酸との塩化化合物を形成したりするためです。

キレート作用は人間だけでなく植物にも見られます。食物に含まれるキレート化色物のなかで有名なものには、線色色素であるクロロフィル(葉緑素)やヘム鉄などがあります。

尚、キレート化合物になると、なんでも吸収がよくなるというのではなく、ミネラルの性質や食品の種類によります。

クエン酸のその他の効果

クエン酸は疲労回復など健康に役立つだけでなく、前述したキレート作用と酸の効果により自然由来の洗浄剤としてもよく利用されています。

特に知られているのがポット洗浄剤などです。電気ポットの中は口に入れるものなので、自然由来のクエン酸によるカルシウムをキレートする作用は、電気ポットに溜まるカルシウムを除去するのに最適なのです。

通常の洗剤にもクエン酸が利用されることが多いですが、クエン酸単体ではあまり洗浄力は強くないので、ビタミンCやリモネンなど他の成分と混ぜられることが一般的です。

クエン酸の効果・効能があると思われるもの

クエン酸には以下のような効果・効能が期待できます。

食欲不振 / 利尿作用 / ストレス / 肝臓 / 筋肉痛 / 肩こり / 食欲増進 / 精神安定 / 疲労回復 / 痛風 / 

■クエン酸が含まれる食品例

クエン酸が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにクエン酸について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「クエン酸 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加