> 

vitaminB12 Vit.B12 ビタミンB12  効果、効能、食品

ビタミンB12

ビタミンB12【概要】

ビタミンB12は真中にコバルトが入っている大きな分子を持つ水溶性のビタミンです。結晶が赤いことから「赤いビタミン」とも呼ばれています。

ビタミンB12は、葉酸とともに核酸の合成を助け、脊髄、胃腸の粘膜などにおいて重要な働きをするビタミンです。

ビタミンB12の効果・効能

ビタミンB12の主な効果・効能は赤血球の生成を助け、貧血を予防することです。

女性に多い貧血の原因は、鉄分の不足が挙げられます。しかし貧血にはもうひとつ原因があるのです。

それがビタミンB12の不足です。ビタミンB12は赤血球を形成、再生し、血液を作ることで、貧血を防いでくれるのです。ビタミンB12が不足すると十分な血液が作ることができず貧血(悪性貧血)を引き起こしやすくなります。

また、ビタミンB12の効果・効能として、成長を促進し、子供の食欲を増進させる働きがあります。さらに、エネルギーを増大させる、脂肪・炭水化物・タンパク質が適切に使われるようにすることなどもビタミンB12に働きは欠かせません。

その他にもビタミンB12の効果・効能として集中力・記憶力を高めて精神を安定させるなどがあります。

ビタミンB12は神経細胞内の表面の脂質膜の合成にも関与しており、末梢神経の傷の回復にも効果があります。

実際、ビタミンB12は腰痛などの治療にも採用されているのです。腰痛や肩こり、手足のしびれで悩まされている人にもビタミンB12をサプリメントなどで摂取すると良いかもしれません。

もうひとつ忘れてはいけないのが、ホモシステイン血症との関わりです。遺伝的なもの以外では、ビタミンB12不足により引き起こされるホモシステイン血症は、進行すると動脈硬化や心筋梗塞の危険性が高まるといわれています。

同様にビタミンB12は脳や神経とも関連が深く、不眠症にも効果があるといわれています。

月経中および、月経前の女性には、ビタミンB12が有効だといわれています。それはビタミンB12がもつ造血作用や精神安定作用などが月経に伴う悩みを解消してくれるからという理由があるからです。

ビタミンB12が不足すると

ビタミンB12は多くの食品・食べ物に含まれているので不足することは殆どありません。ただし、ベジタリアンのように、ビタミンB1が少なくて葉酸が多い食事を好む人は、ビタミンB12不足になる可能性があります。

その他にも胃を切除した場合はカルシウム不足などによりビタミンB1が不足することがあります。

ビタミンB12は胃液からつくられる糖タンパクと結合して吸収されます。この糖タンパクが内因子と呼ばれるものですが、胃ガンなどで胃を切除したり、胃粘膜に障害がある人は内因子がつくられず、ビタミンB12が吸収されなくなります。カルシウム不足もB12が吸収されなくなる一因です。

もし、ビタミンB12が不足した場合は前述の通り悪性貧血を起こし、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気、食欲不振、などの症状が現れることがあります。

悪性貧血の疑いがある場合は、ビタミンB12と葉酸をバランスよく補給すれば、大抵の場合は回復します。

ビタミンB12の摂取に関して

ビタミンB12は動物性の食品に多く含まれています。一般的な食事をしていれば特に気にして摂取する必要がありません。

ビタミンB12の効果・効能があると思われるもの

ビタミンB12には以下のような効果・効能が期待できます。

足のしびれ / 美肌 / 美白 / ストレス / 精神安定 / 貧血 / 疲労回復 / 不眠症 / 腰痛 / 妊娠 / うつ病 / 

■ビタミンB12が含まれる食品例

ビタミンB12が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにビタミンB12について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ビタミンB12 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加