> 

selen selenium せれん せれにうむ  効果、効能、食品

セレン・セレニウム

セレン・セレニウム【概要】

セレン・セレニウムは体内で生成される抗酸化物質の材料となるミネラル成分です。セレン・セレニウムは体内の抗酸化作用を促進するだけでなく、血圧を正常化させるのに欠かせなかったりする「若さを保つアンチエイジング栄養素」と言えます。

セレン・セレニウムの効果・効能

セレン・セレニウムには、抗酸化作用があることで注目されており、不足すると、高コレステロール血症、疲労感、肝臓の病気や心臓病、また免疫機能が衰えるため、感染症やガン(癌)にかかりやすくなるといわれている。

これらの病気を引き起こす一因になっているのが活性酸素です。

わたしたちの身体は、常に活性酸素の攻撃にさらされている。例えば細胞膜の重要な構成要素である不飽和脂肪酸は、酸化すると過酸化脂質になる。すると、連鎖反応で他の不飽和脂肪酸も過酸化脂質に変化させてしまい、これが細胞の老化につながる。

しかし同時に、身体の中には活性酸素から身を守るための防御システムも備わっており、この過酸化脂質を分解するときに働く酵素のひとつにグルタチオン・ベルオキシダーゼがある。

セレン・セレニウムはこの酵素の成分になるもの。セレン・セレニウムを摂ることで抗酸化酵素の働きを強め、活性酸素によって引き起こされる症状を緩和することにつながる。

またセレン・セレニウムは、血圧をコントロールする作用を持つプロスタグランジンというホルモンをつくるうえでも欠かせないミネラルです。

セレン・セレニウムを補充することで細胞の老化を遅らせ、動脈硬化、糖尿病、白内障の予防になる。また肝臓や心臓の病気にかかりにくくなるといわれている。

セレン・セレニウムを含む食べ物・食品・摂取方法

セレン・セレニウムを含む食品には、アジ、いわしなどの魚介類、動物の内臓、肉類がある。

野菜にも含まれるが、土壌中のセレン・セレニウム含有量によって大きく異なる。

セレン・セレニウムの所要量は、成人男子で1日40~60ug、女性で40~50ugといわれている。また抗酸化作用のあるビタミンEと併用すると効果が高まる。

セレン・セレニウムの過剰摂取・副作用・注意点

セレン・セレニウム不足になるのは、セレン・セレニウムの少ない土壌で生産した農産物だけを食べている場合である。中国の克山病が最も有名な欠乏症です。

セレン・セレニウムの少ない地域には、中国の中部、フィンランドの一部地域などがあるが、日本のようにいろいろな国で作られた小麦、大豆などを食べていれば心配ありません。

1日の摂取量の上限は250ugで、過剰症の症状としては、肌あれ、脱毛、胃腸障害、嘔吐などが挙げられている。

セレン・セレニウムの効果・効能があると思われるもの

セレン・セレニウムには以下のような効果・効能が期待できます。

■セレン・セレニウムが含まれる食品例

セレン・セレニウムが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにセレン・セレニウムについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「セレン・セレニウム 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加