> 

isoflavone いそふらぼん  効果、効能、食品

イソフラボン

イソフラボン【概要】

イソフラボンは大豆胚芽に含まれる成分の一つで動物の体内でつくられる女性ホルモン(エストロゲン)と似た作用を持ち骨の溶解を抑える働きがあります。

大豆胚芽の他にイソフラボンはマメ科の植物であるガウクルアにも多く含まれていると言われています。この植物が一躍脚光を浴びたのは「女性の胸を豊かにする効果がある」と発表されたためです。

イソフラボンの分子構造は、エストロゲンとよく似ているものですから、エストロゲンが不足している時(更年期、生理不順、骨粗しょう症、前立腺ガンなど)にはそれを補い、エストロゲンが過剰な時(乳ガン、子宮ガンなど)はその働きを抑えます。そのため、更年期の女性に有効なだけでは無く、あまり知られていませんが男性にも有効な成分であると言えます。

しかしイソフラボンは薬物では無いので、イソフラボンの効力は本物のエストロゲンと比較すると1000分の1であるために、穏やかに作用します。

イソフラボンの効果・効能があると思われるもの

イソフラボンには以下のような効果・効能が期待できます。

■イソフラボンが含まれる食品例

イソフラボンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

大豆 / 味噌(みそ) / 納豆 / 豆乳 / 豆腐 / ガウクルア / 
■もっと調べる
下の検索フォームにイソフラボンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「イソフラボン 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加