> 

vitaminK Vit.K ビタミンK  効果、効能、食品

ビタミンK

ビタミンK【概要】

ビタミンKは健康な血液と骨に不可欠な脂溶性のビタミンです。

ビタミンKの効能・効果

ビタミンKは、ケガなどの出血や内出血をしたときに、血液を凝固させる働きをします。血液凝固に働く因子のいくつかのタンパク質合成に必要なのが、ビタミンKなのです。

ビタミンKの血液に対する働きとしては「月経時の多量出血を減らす」「内出血と被れた血管からの体内出血を予防する」「鼻血をよく出す人の改善」などが挙げられます。

またビタミンKはカルシウムが骨へ沈着するときに必要となる栄養素でもあります。さらにビタミンKはタンパク質の合成に関わっています。

一般的にカルシウムに深く関わっているビタミンDや、骨のタンパク質成分のひとつであるコラーゲンの形成に関わるビタミンCとともに、ビタミンKも骨には欠かせない存在なのです。

また、ビタミンDの働きとして筋肉のカルシウム量が減ったときに骨からカルシウムを供給するというものがありますが、ビタミンKは反対に骨からカルシウムが流出していくのを抑えるなどの働きがあります。

このような効果・効能から、最近ではビタミンKは骨粗蘇症の予防などで注目を集めています。

ビタミンKが不足すると

ビタミンK不足になると、正常な血液凝固ができず出血を抑えられなくて、出血多量に陥ることがあります。

妊娠中、授乳中のお母さんがビタミンK不足になると、赤ちゃんに影響が出ることもあります。

まだ腸内細菌叢が発達していない新生児は、ビタミンKを体内で合成できないので少量を補ってあげる必要があります。(通常、産婦人科が対応してくれます。)

生後1週間前後に起こる新生児出血といわれる便が黒っぽい状態(新生児K欠乏性出血症)のときや、生後2~3週間に起こる場合のある頭蓋骨内出血の予防にもビタミンKは必要です。

ビタミンKを多く含む食品・食べ物

ビタミンKにはK1とK2という2つの種類があり、K1は緑葉野菜に含まれます。それも太陽を多く浴びている外側の部分に大量に含まれています。野菜に限らず、海藻や緑茶にもビタミンKは豊富に含まれています。

K2は腸内細菌や発酵食品に使われる細菌によって作られ、チーズや納豆に多く含まれます。

ビタミンKの過剰摂取・副作用・注意点

合成のビタミンK(ビタミンK3)を一度に過剰に摂った場合、貧血や血圧低下などの症状が出ることがあります。

これは1日の所要量の約50倍以上の摂取で引き起こされる症状だが、通常の食事の範囲で過剰摂取になることは殆どありません。

ビタミンKの効果・効能があると思われるもの

ビタミンKには以下のような効果・効能が期待できます。

骨盤 / 歯茎 /  /  / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 

■ビタミンKが含まれる食品例

ビタミンKが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにビタミンKについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ビタミンK 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加