> 

Chondroitin こんどろいちん サメの軟骨  効果、効能、食品

コンドロイチン

コンドロイチン【概要】

コンドロイチンは、動物の粘質性分泌液から得られた多糖の一種です。コンドロイチンはたんばく質と結合した状態(ムコ多糖・たんばく複合体)で存在しており、人体ではコラーゲンとともに軟骨、骨、角膜、水晶体、血管壁、皮膚などの結合組織を構成しています。

コンドロイチンは特に関節軟骨の約27~43%を占めており、全身の関節が柔軟にスムーズに動くための重要な働きをします。さらにコンドロイチンは、組織に保水性や弾力性を与えるため、肌や皮膚のみずみずしさを保ったり、活性化したりするのに不可欠だともいわれています。また年齢とともに減少していくため、外からの補充が必要となります。

コンドロイチンの供給源としてはフカヒレ、ツバメの巣、スッポン、納豆、山芋、オクラ、ナメコ、海藻、など粘りのあるものに含まれます。

コンドロイチンの効果・効能があると思われるもの

コンドロイチンには以下のような効果・効能が期待できます。

■コンドロイチンが含まれる食品例

コンドロイチンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

ふかひれ / ツバメの巣 / すっぽん(スッポン) / 納豆 / 山芋 / オクラ / なめこ / サメの軟骨 / マロー / 
■もっと調べる
下の検索フォームにコンドロイチンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「コンドロイチン 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加