> 

capsaicin かぷさいしん  効果、効能、食品

カプサイシン

カプサイシン【概要】

カプサイシンとは唐辛子のピリッとする主成分です。最近ではダイエットに効果があると注目されている成分でもある。

カプサイシンの効能・効果

このカプサイシンは、唐辛子の種子やめしべの一部に含まれる辛味成分で、体内に入ると副腎皮質に働きかけ、ノルアドレナリン、アドレナリンなどのホルモンを盛んに分泌させる。

これが、エネルギーの代謝を活発にして、肝臓や筋肉にあるグリコーゲンの分解を促進させ、さらに体内の脂肪も燃焼させるので、肥満の解消に効果を発揮する。

唐辛子を食べた後身体が熱くなったり、汗をかいたりするのはこの作用です。唐辛子は食べ過ぎは禁物だが、カプサイシンの効能・効果で肥満に結びつきにくいという効用がある。

また、カプサイシンは皮膚の温度を上昇させるので、血行がよくなって肩こりや冷え性が改善され、加えて心臓の働きを高めて、血圧の上昇を抑えることもわかっている。

肩こりや冷え性には、カプサイシンを含む唐辛子を外用するのも効果的といわれている。

糖尿病に関しては直接の効用があるのではなく、肥満の解消が糖尿病の改善につながるという意味で、補助的役割としての効用があると考えられる。

カプサイシンには強い殺菌作用があることもわかっている。

この殺菌作用は唐辛子をぬか床(風味としても)に入れたり、米の保存(米に直接ふれないように、米びつの蓋などに貼っておくと防虫効果がある)に利用されたりと、体験的な効用として日常に取り入れられてきた。

また、調理する際にも、唐辛子とニンニクを一緒に使うと、ニンニクによって血液の流れがよりスムーズになり、さらにカプサイシンがエネルギーの代謝を活発にすることで、体内の老廃物を効率よく外へ出す。

つまり疲労回復に効果があるわけだが、今やすっかり大人気メニューとなったスパゲティ・ペペロンチーノや、中華料理全般は、まさにこの健康効果に合致した料理といえる。

カプサイシンの効果・効能があると思われるもの

カプサイシンには以下のような効果・効能が期待できます。

胃潰瘍 / 薄毛(はげ) / 肥満 / 殺菌作用 / 抗炎症作用 / 血行促進 / 冷え性 / 

■カプサイシンが含まれる食品例

カプサイシンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにカプサイシンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「カプサイシン 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加