> 

Zn アエン あえん  効果、効能、食品

亜鉛

亜鉛【概要】

亜鉛は新しい皮膚の生成や免疫強化など、さまざまな働きに必要なミネラルです。

また亜鉛は体内で生成されないため、食べ物から摂取が必要な必須ミネラルでもあります。

亜鉛の効果・効能

亜鉛はDNAやタンパク質の合成に働く酵素や、細胞や組織の代謝に関わる酵素など、実に200種類以上の酵素の構成成分であり、成長、妊娠・授乳、治癒など新しい細胞が必要な時期には、亜鉛の必要量も増えるといわれるくらい重要な栄養成分です。

例えば、切り傷などの治癒には亜鉛が皮膚細胞の再生を助けます。体内に異物が侵入した場合も、亜鉛と、亜鉛を含む酵素が協力して新たな免疫細胞を作り出し、異物に対処します。

このため、亜鉛はウイルス感染に効果的とされるます、その一方で、過剰な摂取は逆に免疫力の低下を招くことも認められています。

亜鉛は血糖調節ホルモンであるインスリンの構成成分でもあります。味覚や嗅覚を正常に保つ働きにも関わっているため、味が感じられないなどの症状は、亜鉛不足のサインといえます。

また、亜鉛は男性の前立腺で性ホルモンの合成に関わっています。正常な人が亜鉛を多く摂ってあまり意味はありませんが、不足すると精子の生産量が減少してしまいます。

亜鉛が不足すると

亜鉛は細胞や組織、タンパク質などに関わっていることから、不足すると体全体に影響を及ぼします。

例えば、子供の場合は成長が阻害されます。大人の場合は肌が荒れたり、風邪を引きやすくなったり、肝臓の異常が現れたりすると言われます。味覚が鈍化するのも亜鉛不足の特徴です。

また、亜鉛不足はストレスに対する耐性の低下を招き、精神的な障害を起こしやすくなると言われます。ひどい場合はうつ症状になる場合もあるようです。

亜鉛を含む食べ物・食品・摂取方法

亜鉛を含む食品としてよく知られているのが牡蠣(カキ)です。牡蠣(カキ)には亜鉛が多く含まれています。その他にも牛肉、ラム肉、卵、未精製の穀類、ナッツ、ヨーグルトなどに多く含まれています。

亜鉛の1日の所要量は成人男子で10~12mg、女子は9~10mgです。

亜鉛はビタミンAの代謝に関わっているのでビタミンAと一緒に摂ると効果的です。また、ビタミンB6の血中濃度が低い場合、吸収効率が悪くなるのでビタミンB6も一緒に摂るようにしましょう。

ベジタリアンやアルコール中毒、ペニシリンや利尿薬を服用中の人は亜鉛の吸収率が低下することがあるので意識して亜鉛を摂るようにしましょう。

亜鉛の過剰摂取・副作用・注意点

亜鉛を摂りすぎると、頭痛、吐き気、貧血などの症状が出ることがあります。亜鉛を2g以上摂ると急性中毒を起こすので、一度にたくさん摂りすぎないようにしましょう。

亜鉛の効果・効能があると思われるもの

亜鉛には以下のような効果・効能が期待できます。

■亜鉛が含まれる食品例

亜鉛が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームに亜鉛について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「亜鉛 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加