> 

chlorophyl クロロフィル ようりょくそ  効果、効能、食品

葉緑素

葉緑素【概要】

葉緑素は別名クロロフィルとも呼ばれ、植物の体のなかに含まれる緑色の色素です。葉緑素は人間血液の血色素であるヘムと化学構造がほとんど同じで、ポルフィリン骨格ももっていることが発見されました。

葉緑素の効能で良く知られているのは健胃健腸作用ですが、その他にも脱臭作用や殺菌効果、さらには身体の免疫を強くするインターフェロンを増やす作用があり、皮膚疾患、火傷の回復促進作用など多くの働きをします。

また葉緑素は不消化物ですが体の中を通過する際、コレステロールや有害な物質を体外に排出してくれます。中でも葉緑素は問題になっているダイオキシンを体外へ排出する効果が高いことが報告されています。ただし、取りすぎは必要な栄養素まで排泄してしまうので気をつけましょう。

葉緑素は細胞膜に包まれているので摂取しにくいので吸収を高めたものが効果的です。

葉緑素の効果・効能があると思われるもの

葉緑素には以下のような効果・効能が期待できます。

■葉緑素が含まれる食品例

葉緑素が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームに葉緑素について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「葉緑素 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加