> 

口内炎に関する基礎知識や症状の説明。効果的な食品や成分など。

口内炎

口内炎【概要】

口内炎とは、唇や頬の内側、舌、歯茎などの口腔内にできる炎症性疾患のことです。最も多いのが、アフタ性口内炎で、円形の小さいアフタ(潰瘍)が1個または数個でき、食べ物が触れると激しく痛みます。

口内炎に似ているものとして口角炎というものがあります。口角炎は唇の端に、ただれなどの炎症が起きるものです。免疫力が低下しているときに、細菌などに感染して起こります。

口内炎の原因

口内炎の原因は細菌・ウイルス性による口内炎とアフタ性口内炎で違います。

細菌・ウイルス性による口内炎は口腔内を噛んでしまったり、入れ歯や金冠などが当たったり、食べ物でやけどしたりして傷ができ、そこに細菌やウイルスが感染すると、炎症が起こります。

アフタ性口内炎については正確な原因がわかっていませんが、ビタミンB2の不足、ストレスや疲労、風邪などで免疫力が低下すると、発生するといわれています。

口内炎の予防

口内炎の場合は、ビタミンB2が不足しないよう、バナナレバーまぐろ、野菜類などから摂取しましょう。

細菌感染を防ぐためには、唾液の中に含まれるリゾチームやラクトフェリンなどを補給することが大事です。

リゾチームは卵白、ラクトフェリンは乳製品の一種に含まれています。特定保健用食品に、ラクトフェリン入りヨーグルトがあります。

口腔内の粘膜を強化して、免疫力改善を図るためには、ビタミンAβ-カロテンの摂取が有効です。レバー、うなぎなどの動物性食品や、にんじんかぼちゃなどの緑黄色野菜から補給しましょう。

口内炎の改善・治療

口内炎や口角炎ができてしまったら、口の中を清潔に保つことが重要です。うがい薬や食塩水で口をゆすぐのも効果的です。

また、食べ物で刺激して症状を悪化させないことも大事です。味の濃いもの、辛味があるもの、酸味があるもの、熱いもの、かたいものは避けましょう。うす味で、やわらかく、人肌程度の温かさのものをとるようにします。

口内炎が治らないなど症状が酷い場合は専門医に相談しましょう。口内炎は主に歯科、耳鼻咽喉科、口腔外科で診療してもらえます。また皮膚科や内科にも治療してくれるところがあります。

口内炎は通常、1~2週間で自然に治ります。

口内炎に効果・効能があると思われる食品成分

口内炎に効果・効能があると思われる健康成分には以下のようなものがあります。

□口内炎に効果があると思われるビタミンA(カロチン)を含む食品
エルダーベリー / さんま(秋刀魚) / ハブ茶 / コンフリー / えんどう豆 / マナガツオ(真魚鰹) / プルーン / ・・・もっと見る
□口内炎に効果があると思われるビタミンB2を含む食品
唐辛子(とうがらし) / サンザシ / 羊肉 / ヒラメ(ひらめ) / インゲン豆 / もやし / レバー / ・・・もっと見る
□口内炎に効果があると思われるビタミンB6を含む食品
セージ / 羊肉 / 豚レバー / 鶏レバー / 牛レバー / トビウオ(とびうお) / パセリ / ・・・もっと見る
□口内炎に効果があると思われるβ-カロチンを含む食品
ほうれん草(ほうれんそう) / 豆苗 / スピルリナ / 大麦若葉 / おかひじき / カシス / 橙(ダイダイ) / ・・・もっと見る
□口内炎に効果があると思われる葉酸を含む食品
アセロラ / もやし / ケフィア / アルファルファ / チェリモヤ / なつめ(棗) / いくら(イクラ) / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームに口内炎について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「口内炎 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加