> 

小松菜に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

小松菜

小松菜【概要】

小松菜の葉は細長く先が丸く、濃緑色です。小松菜の葉肉はやや薄い。小松菜の名は産地のひとつでもある東京都江戸川区小松川の地名をとったものです。五代将軍徳川綱吉が好んで小松菜を食し、この地にちなんで名づけたと言われます。明治時代になって盛んに小松菜が栽培されるようになりました。

小松菜は冬菜とも言われるように旬は冬です。うぐいすの鳴く頃に出回るところから小松菜のことをうぐいす菜とも呼ぶことがあります。つまみなとして利用する小松菜の青菜は、5~6cmほどのものを早どりして春先に出荷されます。

小松菜はカルシウム、鉄、カロチン(ビタミンA)、ビタミンB2、ビタミンCを多く含み栄養価が高いと言われます。とりわけ小松菜にはビタミンCが多く、冬期の貴重な野菜として重宝されます。

小松菜はほうれん草と違ってあくがなく、味にくせがないので、おひたし、和え物、汁の実、漬け物、いため物と広く用いられます。小松菜を油揚げやあさりと煮たおかずは昔ながらの東京下町の味です。少し昔では東京では小松菜は正月の雑煮に欠かせない野菜でした。

小松菜に含まれる健康成分

小松菜に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□小松菜に含まれる成分(カルシウム)の効果があると思われるもの
胃酸過多 / わきが(腋臭) / 爪 / 妊娠 / 肩こり / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 歯 / ・・・もっと見る
□小松菜に含まれる成分()の効果があると思われるもの
髪の毛 / 血管強化 / 爪 / 慢性疲労 / 冷え性 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
□小松菜に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□小松菜に含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 口内炎 / 過敏性腸症候群(IBS) / 爪 / 白内障 / にきび(ニキビ) / 胃腸病 / ・・・もっと見る
□小松菜に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
□小松菜に含まれる成分(ビタミンK)の効果があると思われるもの
骨盤 / 歯茎 / 痔 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ・・・もっと見る
□小松菜に含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
アルツハイマー / 視力 / ドライアイ / アンチエイジング / 疲れ目(眼精疲労) / 疲労回復 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームに小松菜について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「小松菜 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加