> 

松の実に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

松の実

松の実【概要】

松の実に関して日本ではチョウセンゴヨウマツの種子が輸入されていますが、世界ではほかの松の種子も食用としています。松の実は長さ15mm、幅10mm、厚さ7mm程度で、かたい殻の中に胚芽を包んだ内胚乳があります。松の実には特有の樹脂臭があり、脂質が主成分で脂肪酸組成はリノール酸45%前後、オレイン酸25%前後であるが、オクタデカトリエン酸が15%前後含まれるのが特徴的です。松の実にはビタミンE(α-トコフェロール)が多いのも特徴です。松の実は炒って酒のつまみ、製菓・つくだ煮の材料などに利用されます。

松の実に含まれる健康成分

松の実に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□松の実に含まれる成分(オレイン酸)の効果があると思われるもの
脂質異常症 / 動脈硬化 / 抗酸化作用 / 高血圧 / コレステロール / 痴呆症 / アンチエイジング / ・・・もっと見る
□松の実に含まれる成分(トコフェロール)の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / アンチエイジング / 免疫力強化 / 痴呆症 / 脳 / 動脈硬化 / 糖尿病 / ・・・もっと見る
□松の実に含まれる成分(ビタミンE)の効果があると思われるもの
肝班 / 頭痛 / 爪 / 気管支喘息 / アルツハイマー / 白内障 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□松の実に含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□松の実に含まれる成分(リノール酸)の効果があると思われるもの
胃潰瘍 / 十二指腸潰瘍 / アンチエイジング / 痴呆症 / 動脈硬化 / コレステロール / 高血圧 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームに松の実について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「松の実 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加