> 

梅干(梅)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

梅干(梅)

梅干(梅)【概要】

梅干の原産地は中国および日本。梅干は古くから栽培されていた。梅干は各地でとれるが、主な産地は和歌山、群馬、茨城。梅干の最盛期は6月中旬

梅干はクエン酸、リンゴ酸を含み酸味が強い。

梅干の果肉エキスにはクエン酸が濃縮されて多く含まれているので、下痢止めや扁桃炎、かぜの初期などに使うと大変効果のあることが知られています。梅干の果肉エキスと比べると、効果は少し落ちますが、下痢止めには梅干を黒焼きにして、濃いお茶で飲むとか、かぜの熱さましに、同じく黒焼きを飲んだり、梅干の果肉をとげ抜きにつけます。また、その他の梅干の使用法としては35度の焼酎に、生梅を漬けるうめ酒は、食欲増進や冷え性、貧血症、低血圧症、疲労回復などによいものです。

梅干(梅)に含まれる健康成分

梅干(梅)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□梅干(梅)に含まれる成分(アミグダリン(ビタミンB17))の効果があると思われるもの
ガン(癌) / ・・・もっと見る
□梅干(梅)に含まれる成分(クエン酸)の効果があると思われるもの
食欲不振 / 利尿作用 / ストレス / 肝臓 / 筋肉痛 / 肩こり / 食欲増進 / ・・・もっと見る
□梅干(梅)に含まれる成分(食物繊維)の効果があると思われるもの
心臓病(心疾患) / コレステロール / 便秘 / 整腸作用 / 免疫力改善 / 免疫力強化 / 健胃作用 / ・・・もっと見る
□梅干(梅)に含まれる成分(りんご酸 | リンゴ酸)の効果があると思われるもの
胃腸病 / 疲労回復 / 肉体疲労 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームに梅干(梅)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「梅干(梅) 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加