> 

唐辛子(とうがらし)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

唐辛子(とうがらし)

唐辛子(とうがらし)【概要】

唐辛子(とうがらし)は脱毛症、食欲増進、血行促進などに

唐辛子(とうがらし)の辛い成分はおもにカプサイシンと呼ばれる物質です。その他唐辛子(とうがらし)の果皮には少量のアデニン、ベタイン、コリンなどとビタミンA(カロチン)・ビタミンB群・ビタミンCなども含まれています。

唐辛子(とうがらし)は昔から和製のスパイスとして利用されてきましたが、上手に料理に用い食欲を進めることは健康増進につながります。

唐辛子(とうがらし)に限らず、香辛料は使い方次第では食塩使用量を減らし高血圧などの予防にも役立ちます。

唐辛子(とうがらし)の辛味成分には皮膚を刺激し血液循環を促進する働きがあるので、食用以外に、湿布薬などにも用います。

局方アルコール100mlに唐辛子(とうがらし)の果実10gを入れ、約1週間冷浸したトウガラシチンキは気管支炎の湿布に用いるほか、秋のぬけ毛や脱毛症の患部に塗っても効果があります。

唐辛子(とうがらし)に含まれる健康成分

唐辛子(とうがらし)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□唐辛子(とうがらし)に含まれる成分(カプサイシン)の効果があると思われるもの
胃潰瘍 / 薄毛(はげ) / 肥満 / 殺菌作用 / 抗炎症作用 / 血行促進 / 冷え性 / ・・・もっと見る
□唐辛子(とうがらし)に含まれる成分(カロテノイド)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 抗酸化作用 / アンチエイジング / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□唐辛子(とうがらし)に含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 口内炎 / 過敏性腸症候群(IBS) / 爪 / 白内障 / にきび(ニキビ) / 胃腸病 / ・・・もっと見る
□唐辛子(とうがらし)に含まれる成分(ビタミンB6)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 生理痛(月経痛) / うつ病 / にきび(ニキビ) / 妊娠 / 腰痛 / 薄毛(はげ) / ・・・もっと見る
□唐辛子(とうがらし)に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
□唐辛子(とうがらし)に含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□唐辛子(とうがらし)に含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
アルツハイマー / 視力 / ドライアイ / アンチエイジング / 疲れ目(眼精疲労) / 疲労回復 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□唐辛子(とうがらし)に含まれる成分(リチウム)の効果があると思われるもの
双極性障害(躁うつ病) / 精神安定 / 血圧を下げる(血圧降下作用) / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームに唐辛子(とうがらし)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「唐辛子(とうがらし) 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加