> 

牡蠣(かき)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

牡蠣(かき)

牡蠣(かき)【概要】

牡蠣(かき)は滋養強壮、神経鎮静、貧血、成人病予防などに

牡蠣(かき)は欧米では昔からRのつく月、つまり9月から4月までしか食べないといいます。3月から8月ころは牡蠣(かき)の産卵期で、栄養価が落ち、また中毒しやすいとうことで先人の智恵と思われます。

牡蠣(かき)は良質なたんぱく源ですし、消化吸収のよいエネルギー源であるグリコーゲンにも富むことから、幼児や老人、病後の人の滋養に用いられます。牡蠣(かき)には鉄、ビタミンB1・ビタミンB2も多く、とくに鉄は100gあたり3.6mg含み、卵の2倍。牡蠣(かき)は貧血予防に最適です。

牡蠣(かき)にはコレステロールが多いといわれましたが、これは測定法の誤りです。むしろ牡蠣(かき)にコレステロールは少なく、逆に血圧を正常値に保つタウリンを多く含んでいます。このため牡蠣(かき)は高血圧の人にも低血圧の人にもすすめられます。タウリンは血栓予防、心臓の興奮もしずめるところから、成人病一般に効果的と言われます。

牡蠣(かき)の貝殻は漢方で使う牡蠣(ぼれい)であり、煎じて肺結核の盗汗(寝汗)に用いられます。

牡蠣(かき)に含まれる健康成分

牡蠣(かき)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□牡蠣(かき)に含まれる成分(亜鉛)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 気管支喘息 / 加齢黄斑変性症 / 貧血 / 痴呆症 / 薄毛(はげ) / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(核酸)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / 生活習慣病 / アンチエイジング / 体力強化 / 美肌 / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(グリコーゲン)の効果があると思われるもの
疲労回復 / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(セレン・セレニウム)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 免疫力強化 / 動脈硬化 / 糖尿病 / 抗酸化作用 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(タウリン)の効果があると思われるもの
集中力を高める / 胆石 / 動脈硬化 / 高血圧 / 心不全 / 薄毛(はげ) / 不整脈 / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分()の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / 免疫力改善 / 貧血 / 髪の毛 / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 口内炎 / 過敏性腸症候群(IBS) / 爪 / 白内障 / にきび(ニキビ) / 胃腸病 / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(ビタミンB12)の効果があると思われるもの
足のしびれ / 美肌 / 美白 / ストレス / 精神安定 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(フコキサンチン)の効果があると思われるもの
肥満 / 糖尿病 / アンチエイジング / メタボリック・シンドローム / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(マンガン)の効果があると思われるもの
気管支喘息 / 肝機能(肝臓) / 糖尿病 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームに牡蠣(かき)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「牡蠣(かき) 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加