> 

オクラに関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

オクラ

オクラ【概要】

オクラが日本に入ってきたのは比較的新しく明治初期のころで、オクラが食卓をにぎわすようになったのは最近のことです。オクラの旬は夏です。

オクラの栄養成分としては、カルシウム、鉄、カロチンなどが比較的多く含まれ、その他もビタミンC、ビタミンB1などもオクラには含まれています。

昔から、山イモ、納豆、オクラなど、いわゆるヌルヌル食品は精がつくといわれています。実は、オクラなどこれらの食品にはヌチン(粘性物質)が含まれており、これがたんぱく質をよく消化するのでスタミナがつくのです。ですから、オクラと納豆を半々に刻み合わせた納豆あえなどは、スタミナ料理に適しているといえます。酒を飲むときは、肝臓保護を考えると、油脂をとるよりオクラをおつまみとしたほうがよいでしょう。

オクラに含まれる健康成分

オクラに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□オクラに含まれる成分(グルコサミン)の効果があると思われるもの
変形性関節症 / 関節痛 / ・・・もっと見る
□オクラに含まれる成分(コンドロイチン)の効果があると思われるもの
過敏性腸症候群(IBS) / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 関節痛 / アンチエイジング / 美肌 / 肝機能(肝臓) / 心臓病(心疾患) / ・・・もっと見る
□オクラに含まれる成分(食物繊維)の効果があると思われるもの
心臓病(心疾患) / コレステロール / 便秘 / 整腸作用 / 免疫力改善 / 免疫力強化 / 健胃作用 / ・・・もっと見る
□オクラに含まれる成分(ビタミンK)の効果があると思われるもの
骨盤 / 歯茎 / 痔 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ・・・もっと見る
□オクラに含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
アルツハイマー / 視力 / ドライアイ / アンチエイジング / 疲れ目(眼精疲労) / 疲労回復 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□オクラに含まれる成分(ペクチン)の効果があると思われるもの
食欲不振 / 便秘 / 肥満 / 動脈硬化 / 糖尿病 / コレステロール / ・・・もっと見る
□オクラに含まれる成分(ムチン)の効果があると思われるもの
過敏性腸症候群(IBS) / 粘膜の強化 / アレルギー疾患 / 動脈硬化 / 便秘 / 風邪(かぜ) / 胃腸病 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにオクラについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「オクラ 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加