> 

にんじん(人参)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

にんじん(人参)

にんじん(人参)【概要】

にんじん(人参)は下痢症、栄養保持、肩こり、腰痛などに

にんじん(人参)はビタミンA(カロチン)を多く含むことで有名です。にんじん(人参)はその他、ビタミン類、ミネラルにも富んでいて栄養価が高いので、体力増強、健康維持に大いに貢献します。

にんじん(人参)をキャベツやトマト、リンゴ、レモンなどと野菜ジュースにして、毎日飲むと、虚弱な人や病後の回復期の人に体力をつけます。また、にんじん(人参)に含まれるペクチンには整腸作用があり、特に子どもの下痢症によいといわれます。

にんじん(人参)と強化剤とされる朝鮮人参とは全く別のものです。

にんじん(人参)に含まれる健康成分

にんじん(人参)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□にんじん(人参)に含まれる成分(アルファリポ酸(αリポ酸))の効果があると思われるもの
抗酸化作用 / アンチエイジング / 美肌 / 肥満 / 痴呆症 / 肝機能(肝臓) / 冷え性 / ・・・もっと見る
□にんじん(人参)に含まれる成分(α-カロチン)の効果があると思われるもの
抗酸化作用 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□にんじん(人参)に含まれる成分(カロテノイド)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 抗酸化作用 / アンチエイジング / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□にんじん(人参)に含まれる成分(クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール))の効果があると思われるもの
ガン(癌) / 子宮がん(子宮癌) / ダイエット / コレステロール / 脳卒中 / 体脂肪燃焼 / 肥満 / ・・・もっと見る
□にんじん(人参)に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□にんじん(人参)に含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
アルツハイマー / 視力 / ドライアイ / アンチエイジング / 疲れ目(眼精疲労) / 疲労回復 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームににんじん(人参)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「にんじん(人参) 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加