> 

オレンジに関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

オレンジ

オレンジ【概要】

オレンジは栄誉補給、冷え症などに

オレンジはインド原産の常緑小髙木で、15世紀ごろには地中海沿岸に栽培が広がり19世紀にはアメリカのカリフォルニアで大栽培が始められました。日本にオレンジは明治23~24年ころに渡来したものの栽培はあまり広がらず、現在もアメリカからオレンジはが輸入されています。

ネーブル・オレンジの果実は皮がむきにくいが、甘味と芳香が上品なため今でも高級くだものと見られています。

オレンジの果実には、ビタミンCが100g中60mgも含まれているほか、糖質や有機酸が含まれていています。オレンジには適度な甘味と酸味があり、生食したり、オレンジジュースとして飲めば栄養補給になります。ワックスを塗っていないオレンジはの果皮は捨てずに、刻んで布袋に詰めて浴料とすれば、体が温まり、冷え症などによいものです。

オレンジに含まれる健康成分

オレンジに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□オレンジに含まれる成分(イノシトール)の効果があると思われるもの
肥満 / 脂肪肝 / 肝機能(肝臓) / 抜け毛 / 髪の毛 / ・・・もっと見る
□オレンジに含まれる成分(シトラール)の効果があると思われるもの
抗菌・殺菌 / 殺菌作用 / 集中力を高める / ストレス / 精神安定 / リラックス / ・・・もっと見る
□オレンジに含まれる成分(テルペン)の効果があると思われるもの
高血圧 / 精神安定 / ストレス / ・・・もっと見る
□オレンジに含まれる成分(ビタミンP)の効果があると思われるもの
健胃作用 / 血管強化 / 高血圧 / ・・・もっと見る
□オレンジに含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにオレンジについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「オレンジ 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加