> 

なす(茄子)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

なす(茄子)

なす(茄子)【概要】

なす(茄子)は歯痛、歯ぐきのはれ、うち身、イボ取りなどに

なす(茄子)は古墳時代(4~6世紀)にすでに栽培されていたという記録も残されているように、なす(茄子)は日本人に古くから親しまれてきた野菜の一つです。

なす(茄子)は栄養的に特別にとりたてるものはないのですが、独特の色合いや風味が好まれていて漬けものや料理に広く用いられています。

なす(茄子)は薬用としても昔から利用され、歯痛、歯ぐきやくちびるのはれに、ナスのヘタや茎の黒焼きをつける療法は江戸時代から行われています。

また、扁桃炎には、なす(茄子)とコンブを黒焼きにし、湯を注いで飲むとよいともいわれています。その他、なす(茄子)を冷蔵庫で冷やして、うち身、ねんざ、ごく軽いやけどの冷湿布にも用います。なす(茄子)のヘタの汁をイボにつけたり、切り口でこすったりするとイボがとれともいいます。

なす(茄子)に含まれる健康成分

なす(茄子)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□なす(茄子)に含まれる成分(アントシアニン)の効果があると思われるもの
視力 / 疲れ目(眼精疲労) / 血栓 / 抗酸化作用 / 動脈硬化 / ドライアイ / ・・・もっと見る
□なす(茄子)に含まれる成分(ナスニン)の効果があると思われるもの
抗酸化作用 / 疲れ目(眼精疲労) / ・・・もっと見る
□なす(茄子)に含まれる成分(ルチン)の効果があると思われるもの
抗酸化作用 / 血管強化 / 動脈硬化 / 高血圧 / 血行促進 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームになす(茄子)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「なす(茄子) 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加