> 

ピーマンに関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

ピーマン

ピーマン【概要】

ピーマンはビタミンの給源、便秘などに

ピーマンは南アメリカ原産で、トウモロコシと同じく、コロンブスがヨーロッパに持ち帰ったのが栽培のはじまりです。日本へピーマンは明治初年に伝わってきましたが、現在のようにどこの八百屋でもピーマンが見られるようになったのは、食事の欧米化がすすんだ昭和30年代以降のことです。

ピーマンはフランス語のピメンがなまったもので、アメリカではペッパーといいます。

ピーマンには葉緑素やビタミンA(カロチン)・B1・B2・Cが多く、繊維も含まれています。ピーマンは生食だけでなく、肉詰め、油炒めなどいろいろ料理して食べるとビタミン類の補給、通便をつけるのにも役立ちます。

ピーマンはジュースとして飲むのも良いことですが、その場合は、ニンジン、リンゴ、レモン、トマトなども加えましょう。

ピーマンに含まれる健康成分

ピーマンに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ピーマンに含まれる成分(オスモチン)の効果があると思われるもの
メタボリック・シンドローム / 動脈硬化 / 高血圧 / 糖尿病 / ・・・もっと見る
□ピーマンに含まれる成分(クロロフィル)の効果があると思われるもの
口臭 / 整腸作用 / 解毒作用 / 貧血 / コレステロール / おなら / ・・・もっと見る
□ピーマンに含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□ピーマンに含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 口内炎 / 過敏性腸症候群(IBS) / 爪 / 白内障 / にきび(ニキビ) / 胃腸病 / ・・・もっと見る
□ピーマンに含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
□ピーマンに含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□ピーマンに含まれる成分(ルテオリン)の効果があると思われるもの
シミ・くすみ・そばかす / アトピー性皮膚炎 / アレルギー疾患 / 花粉症 / 抗酸化作用 / 免疫力強化 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにピーマンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ピーマン 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加