> 

マカに関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

マカ

マカ【概要】

マカの原産地はペルーです。マカは高度3500~4500mのアンデス高地に自生する天然アブラナ科の植物です。マカは他の作物を栽培できないような痩せた土地で、日中は強烈な紫外線、夜は氷点下の気温といった厳しい自然環境の中でも繁殖します。そのマカの生命力の強さから、2000年前のプレインカ時代より、アンデスのインディオに民間薬として用いられてきました。

マカの使用部位は根、地下茎で特長成分はグルコシノレート類です。マカの期待される効果として疲労回復作用・発汗作用・男性機能の増強・月経周期の改善などがあり、マカは「栄養の宝庫」とも言われています。

マカに含まれる栄養成分

マカで代表的な成分はグルコシノレート類ですが、その他にもマカは完全食と言われるくらいミネラル、ビタミン、アミノ酸を多く含んでいます。マカの代表的な成分としては亜鉛、セレン、アルギニン、ビタミンC、ビタミンE、鉄があります。その他にもマカにはミネラルとして亜鉛・セレン・鉄・カリウム・カルシウムなど、ビタミンではビタミンC・ビタミンE・ビタミンB群など、アミノ酸ではアルギニン・バリン・ロイシン・イソロイシンなどが含まれており、その他にもアルカロイド・デキストリン・サポニンなどが含まれています。

マカの効能・効果

マカは豊富な栄養素を含むため、主に体のバランスを整えるのに最適ですが、具体的にマカは滋養強壮、疲労回復に効果的と言われます。

その他マカは勃起障害・勃起不全、また女性に対しても不妊症や生理不順、更年期障害などにも効果的と言われます。これにはマカに含まれるグルコシノレート類の効果が大きいと考えられます。

マカに含まれるグルコシノレート類のひとつであるベンジルグルコシノレートは、不妊改善、性機能の改善、月経サイクルの正常化、更年期症状の緩和に働きかけると考えられています。また、成長ホルモン分泌促進による老化防止効果の研究もされています。

マカに含まれる健康成分

マカに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□マカに含まれる成分(亜鉛)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 気管支喘息 / 加齢黄斑変性症 / 貧血 / 痴呆症 / 薄毛(はげ) / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□マカに含まれる成分(アルカロイド)の効果があると思われるもの
免疫力強化 / ・・・もっと見る
□マカに含まれる成分(アルギニン)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 疲労回復 / 肉体疲労 / 生活習慣病 / 筋肉強化(筋力強化) / ストレス / ・・・もっと見る
□マカに含まれる成分(サポニン)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 薄毛(はげ) / 肥満 / 動脈硬化 / コレステロール / 抗酸化作用 / 血栓 / ・・・もっと見る
□マカに含まれる成分(セレン・セレニウム)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 免疫力強化 / 動脈硬化 / 糖尿病 / 抗酸化作用 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□マカに含まれる成分(ビタミンE)の効果があると思われるもの
肝班 / 頭痛 / 爪 / 気管支喘息 / アルツハイマー / 白内障 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにマカについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「マカ 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加