> 

かぼちゃ(南瓜)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

かぼちゃ(南瓜)

かぼちゃ(南瓜)【概要】

かぼちゃは主に果実を食するが、種子も利用する。かぼちゃの主な種類としては日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃ(そうめんかぼちゃ)などがある。日本かぼちゃはねっとりして甘みが少なく、少し水っぽい。カボチャ料理としては煮物や肉詰め、てんぷらに向いている。西洋かぼちゃは甘みが強くホクホクしているのでくりかぼちゃとも言われる。かぼちゃ料理としてはかぼちゃスープ、パンプキンパイに向いています。

かぼちゃは保存がきくため冬季のビタミンA補給をはじめ野菜不足を解消するのによい栄養素を持っている。かぼちゃの栄養素としてはカリウム、カロチン、ビタミンCを含みます。特にかぼちゃの黄色い色のもとであるカロチンは、体内でビタミンAに変わり、発育、皮膚や粘膜の健康、視力などに関係しています。Aが欠乏すると夜盲症(とりめ)になります。また、かぼちゃの種子にはたんぱく質、カリウム、鉄を多く含み、特にコレステロールを下げるリノール酸が含まれているので、炒って食べると動脈硬化予防になります。一般的に西洋かぼちゃの方がエネルギーが多く、栄養素も日本かぼちゃよりも多いと言われます。

かぼちゃ(南瓜)に含まれる健康成分

かぼちゃ(南瓜)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(α-カロチン)の効果があると思われるもの
抗酸化作用 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(カボチャ種子エキス)の効果があると思われるもの
前立腺肥大症 / ・・・もっと見る
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(カリウム)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / わきが(腋臭) / ガン(癌) / 痴呆症 / ストレス / 精神安定 / ・・・もっと見る
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(カロテノイド)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 抗酸化作用 / アンチエイジング / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(ケイ素(珪素))の効果があると思われるもの
歯 / 爪 / 抜け毛 / 動脈硬化 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 骨 / ・・・もっと見る
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(食物繊維)の効果があると思われるもの
心臓病(心疾患) / コレステロール / 便秘 / 整腸作用 / 免疫力改善 / 免疫力強化 / 健胃作用 / ・・・もっと見る
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(ニッケル)の効果があると思われるもの
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(ビタミンE)の効果があると思われるもの
肝班 / 頭痛 / 爪 / 気管支喘息 / アルツハイマー / 白内障 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□かぼちゃ(南瓜)に含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
アルツハイマー / 視力 / ドライアイ / アンチエイジング / 疲れ目(眼精疲労) / 疲労回復 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにかぼちゃ(南瓜)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「かぼちゃ(南瓜) 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加