> 

芽キャベツに関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

芽キャベツ

芽キャベツ【概要】

芽キャベツはキャベツから分化した別種で、ベルギーが原産です。芽キャベツの別名を子持ちかんらん、子持ちたまな、姫かんらんと言ったりします。芽キャベツは日本に明治時代に伝わりましたが、あまり普及せず近年になって需要が伸びています。芽キャベツは長い茎から出た脇芽が結球(けっきゅう)したもので、1株に50~60個ほどがびっしりとつきます。芽キャベツは一年中出回りますが、霜がおりる頃に甘味が増してやわらかくなるので、旬は1~2月です。

芽キャベツはカロテン(ビタミンA)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCに富み、野菜の中ではたんぱく質も多い方です。芽キャベツには特有の苦味があるので、十字の切込みを入れて茹でてから調理すると良いです。芽キャベツを料理例としてはバター炒め、煮物、グラタン、和え物などがあります。

芽キャベツに含まれる健康成分

芽キャベツに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□芽キャベツに含まれる成分(イソチオシアネート)の効果があると思われるもの
胃潰瘍 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□芽キャベツに含まれる成分(食物繊維)の効果があると思われるもの
心臓病(心疾患) / コレステロール / 便秘 / 整腸作用 / 免疫力改善 / 免疫力強化 / 健胃作用 / ・・・もっと見る
□芽キャベツに含まれる成分(トコフェロール)の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / アンチエイジング / 免疫力強化 / 痴呆症 / 脳 / 動脈硬化 / 糖尿病 / ・・・もっと見る
□芽キャベツに含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□芽キャベツに含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 口内炎 / 過敏性腸症候群(IBS) / 爪 / 白内障 / にきび(ニキビ) / 胃腸病 / ・・・もっと見る
□芽キャベツに含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
□芽キャベツに含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□芽キャベツに含まれる成分(ルテイン ルティン)の効果があると思われるもの
加齢黄斑変性症 / 視力 / 疲れ目(眼精疲労) / 白内障 / 老眼 / 抗酸化作用 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームに芽キャベツについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「芽キャベツ 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加