> 

大根(だいこん)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

大根(だいこん)

大根(だいこん)【概要】

大根(だいこん)は去痰(きょたん)、食べ過ぎ、補温、うち身などに

大根(だいこん)は弥生時代に稲作と一緒にもたらされたとみられますが、現在では種類も消費量も日本が世界一といいます。

大根(だいこん)栄養的には、葉のほうがビタミンA(カロチン)・ビタミンC、葉緑素、ミネラルを多く含み栄養価に優れています。大根(だいこん)は通常の調理の他、ジュースや漬けもの、刻んでご飯にまぜるなど活用できます。大根(だいこん)から作る干葉(ひば)をもんで、ふりかけにもできます。

大根(だいこん)の根はビタミンC源となるほか、でん粉消化酵素のジアスターゼが多いので、食べすぎによる胃のもたれを早く解消します。

民間療法では、たんが切れないとき、大根(だいこん)のおろし汁に水あめを加えて飲むこともできます。

虫歯、うち身には、大根(だいこん)のおろし汁をぬると効きますが、これは辛味成分(芥子油:がいしゆ)の刺激作用の効果です。大根(だいこん)から作られる干葉は補温性浴料として役立ちます。

大根(だいこん)に含まれる健康成分

大根(だいこん)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□大根(だいこん)に含まれる成分(イソチオシアネート)の効果があると思われるもの
胃潰瘍 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□大根(だいこん)に含まれる成分(グルコシノレート)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / アレルギー疾患 / 花粉症 / ・・・もっと見る
□大根(だいこん)に含まれる成分(ジアスターゼ(アミラーゼ))の効果があると思われるもの
胃酸過多 / 胃 / 消化不良 / 食欲増進 / 胸やけ / ・・・もっと見る
□大根(だいこん)に含まれる成分(スルフォラファン)の効果があると思われるもの
解毒作用 / 抗酸化作用 / ストレス / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□大根(だいこん)に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームに大根(だいこん)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「大根(だいこん) 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加