> 

カリフラワーに関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

カリフラワー

カリフラワー【概要】

私たちが食するカリフラワーとは外葉に包まれた花のつぼみの状態の部分です。カリフラワーはキャベツの変種で栽培によって改良されつくりだされたものです。カリフラワーを別名、花野菜や花キャベツともいいます。

カリフラワーの原産地はヨーロッパ西岸。日本へカリフラワーは明治時代初期に渡来しました。カリフラワーが美味しいのは11~3月となります。

カリフラワーにはたんぱく質、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCを多く含んでいます。カリフラワーにはくせがなく和風、洋風、中国風いずれの料理にも向きます。カリフラワーの選び方としては外葉が新鮮で、中をしっかりくるんでいるものがよく、つぼみが開かず、色は白くて締まったものが良品です。カリフラワーをゆでるときは、小房に分け、たっぷりの熱湯に塩、酢、小麦粉を加えた中でゆでると、白くゆであがり、甘味も失われません。

カリフラワーに含まれる健康成分

カリフラワーに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□カリフラワーに含まれる成分(イソチオシアネート)の効果があると思われるもの
胃潰瘍 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□カリフラワーに含まれる成分(スルフォラファン)の効果があると思われるもの
解毒作用 / 抗酸化作用 / ストレス / ガン(癌) / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにカリフラワーについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「カリフラワー 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加