> 

たけのこ(筍)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

たけのこ(筍)

たけのこ(筍)【概要】

たけのこ(筍)は便秘などに

たけのこ(筍)は、春四月ごろにモウソウチク(孟宗竹)から生じ、黒斑点のある皮に覆われています。もともとたけのこ(筍)は、中国の揚子江以南を原産とし、台湾を経て18世紀初めに琉球に伝わり、さらに島津藩に伝えられて、19世紀には各地に竹やぶが生まれたといわれます。その他、マダケ・ハチクもたけのこ(筍)を生じます。

たけのこ(筍)のように早く成長するものには、遊離アミノ酸のチロシンャアスパラギン、還元糖などが多量に含まれているため、特有のうま味もあり、旬の食物として喜ばれています。たけのこ(筍)にビタミンやミネラルはごくわずかです。ただしたけのこ(筍)食物繊維を含むので、煮食したり、筍飯などにして食べると、便秘やダイエットに役立ちます。

たけのこ(筍)に含まれる健康成分

たけのこ(筍)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□たけのこ(筍)に含まれる成分(カリウム)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / わきが(腋臭) / ガン(癌) / 痴呆症 / ストレス / 精神安定 / ・・・もっと見る
□たけのこ(筍)に含まれる成分(チロシン)の効果があると思われるもの
集中力を高める / うつ病 / 痴呆症 / アンチエイジング / 脳機能の活性化 / 脳 / 基礎代謝の向上 / ・・・もっと見る
□たけのこ(筍)に含まれる成分(マンガン)の効果があると思われるもの
気管支喘息 / 肝機能(肝臓) / 糖尿病 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにたけのこ(筍)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「たけのこ(筍) 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加