> 

かぶの根(蕪の根)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

かぶの根(蕪の根)

かぶの根(蕪の根)【概要】

かぶ(蕪)は別名「かぶら」。もしくは「すずな」と言う。かぶ(蕪)は春の七草の一つで大根に似ていますが分類は白菜に近いと言われています。また、かぶ(蕪)は東洋系品種と西洋系品種があり、その中間種もある。さらにかぶの根(蕪の根)の大きさから大かぶ、中かぶ、小かぶに分けたり、根の色から白かぶ、赤かぶに分けたりする。

通常かぶは根の部分だけ食べることが多いですが、栄養的にはかぶの葉の方がかなり優れています。かぶの根(蕪の根)は大部分が水分ですが、ビタミンCやアミラーゼを含んでいます。

かぶの根(蕪の根)は白くなめらかで引き締まったものが良い。かぶの値は米のとぎ汁やぬか、または米粒を入れた湯でゆでるとあくが抜けて白くなり、甘みも増します。かぶの根(蕪の根)は汁の具、煮物、漬物、蒸し物など色々な調理法があります。

かぶの根(蕪の根)に含まれる健康成分

かぶの根(蕪の根)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□かぶの根(蕪の根)に含まれる成分(イソチオシアネート)の効果があると思われるもの
胃潰瘍 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□かぶの根(蕪の根)に含まれる成分(ジアスターゼ(アミラーゼ))の効果があると思われるもの
胃酸過多 / 胃 / 消化不良 / 食欲増進 / 胸やけ / ・・・もっと見る
□かぶの根(蕪の根)に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにかぶの根(蕪の根)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「かぶの根(蕪の根) 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加