> 

しょうが(生姜)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

しょうが(生姜)

しょうが(生姜)【概要】

しょうが(生姜)は日本料理に馴染みの深い食材ですが、強力な殺菌作用と血行促進作用を持つことから、風邪の諸症状や冷え性、肩こりに効果的であり近年、再注目されている生薬でもあります。

しょうが(生姜)は薬味や魚・肉の匂い消し、風味づけと、料理から菓子にまで利用範囲の広いおなじみの食材である。

もちろんしょうが(生姜)は日本だけでなく、中国をはじめアジア各国、欧米でもよく使われる。

しょうが(生姜)は食用としての利用範囲もさることながら、古くから薬効もきわめて高いことが体験的に知られてきた。

西洋ではジンジャー、漢方ではショウキョウとよばれ、世界中で愛用されてきた生薬だ。西洋では「吐き気がしたらジンジャーエールを飲みなさい」というくらい、しょうが(生姜)には優れた殺菌能力や胃の不調を整える働きがあり、まさに「食べるお薬」である。

しょうが(生姜)はお寿司のガリとしても知られていますが、お寿司や刺し身、さらに豚肉などと食べ合わせるのも、経験的にしょうが(生姜)に殺菌力があることを日本人が知っていたからだろう。

しょうが(生姜)の有効成分と効果・効能

しょうが(生姜)の有効成分の代表は、辛味の素であるジンゲロンとショウガオールである。

これらには胃酸の分泌を促進して食欲を増進させる効果があり、摂食中枢が鈍感になっている拒食症の人にも効果が期待できる。健胃、下痢体質の改善効果もある。

また、血液循環を促進して体を温めるので、冷え性や肩こりにも効果がある。さらに、風邪の諸症状の緩和、皮膚炎、火傷の改善が挙げられる。

しょうが(生姜)の外用

しょうが(生姜)は食用だけでなく、外用薬として用いられることも多い。しょうが(生姜)をすりおろしオリーブオイルに混ぜたものを頭皮にすりこむとフケの解消に、耳の中に塗ると耳痛の沈静に効く。

さらに火傷や皮膚炎などにはしょうが(生姜)の搾り汁がよいとされる。火傷や皮膚炎などの外用には、温めた植物オイルにしょうが(生姜)をすりおろした搾り汁を混ぜ合わせる。それをコットンに染みこませて患部に当てる。

しょうが(生姜)の注意点

しょうが(生姜)は刺激の強い食材である。いくらおいしいからといって、痔や潰瘍など出血性の疾患がある人、吹き出物がある人が多食すると、症状を悪化させることがあるので、心当たりのある人は摂る分量に注意しよう。

しょうが(生姜)に含まれる健康成分

しょうが(生姜)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□しょうが(生姜)に含まれる成分(シトラール)の効果があると思われるもの
抗菌・殺菌 / 殺菌作用 / 集中力を高める / ストレス / 精神安定 / リラックス / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにしょうが(生姜)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「しょうが(生姜) 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加