> 

よもぎ(ヨモギ)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

よもぎ(ヨモギ)

よもぎ(ヨモギ)【概要】

よもぎ(ヨモギ)は切り傷、虫刺され、解熱、補温などに

よもぎ(ヨモギ)は葉に生える毛は灸のもぐさの原料になりますが、よく燃える草ということからよもぎ(ヨモギ)という名前が生まれたといいます。

よもぎ(ヨモギ)は日本全国どこでも生える多年草で、春生える若葉(モチグサ)は草餅の材料として欠かせません。ただよもぎ(ヨモギ)の花が咲くころは花粉症の元凶として嫌われます。

よもぎ(ヨモギ)の葉には、シネオールなどの精油(植物性揮発油)やビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンD、ミネラルなども含まれています。よもぎ(ヨモギ)を草餅の材料や青汁原料とすることは、体のために良いことです。

民間では、よもぎ(ヨモギ)を発汗、解熱剤として5~10gを水で煎じて飲みますが、胃の弱い人には不向きです。よもぎ(ヨモギ)にはタンニンが含まれているので小さな切り傷や虫刺されに、生葉を口でかんでつばを混ぜてつけると血止めになります。

よもぎ(ヨモギ)には精油が多く含まれているので、布袋にたくさん茎葉を詰めて浴槽に浮かべれば、湯ざめしにくく体が温まります。そうすることにより、よもぎ(ヨモギ)は冷え症やリウマチ、神経痛などに効果があると言われます。

よもぎ(ヨモギ)に含まれる健康成分

よもぎ(ヨモギ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□よもぎ(ヨモギ)に含まれる成分(カルシウム)の効果があると思われるもの
胃酸過多 / わきが(腋臭) / 爪 / 妊娠 / 肩こり / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 歯 / ・・・もっと見る
□よもぎ(ヨモギ)に含まれる成分(食物繊維)の効果があると思われるもの
心臓病(心疾患) / コレステロール / 便秘 / 整腸作用 / 免疫力改善 / 免疫力強化 / 健胃作用 / ・・・もっと見る
□よもぎ(ヨモギ)に含まれる成分()の効果があると思われるもの
髪の毛 / 血管強化 / 爪 / 慢性疲労 / 冷え性 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
□よもぎ(ヨモギ)に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□よもぎ(ヨモギ)に含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 口内炎 / 過敏性腸症候群(IBS) / 爪 / 白内障 / にきび(ニキビ) / 胃腸病 / ・・・もっと見る
□よもぎ(ヨモギ)に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
□よもぎ(ヨモギ)に含まれる成分(ビタミンD)の効果があると思われるもの
骨盤 / アンチエイジング / 歯 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 前立腺ガン(前立腺癌) / インフルエンザ / ・・・もっと見る
□よもぎ(ヨモギ)に含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームによもぎ(ヨモギ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「よもぎ(ヨモギ) 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加