> 

さくらんぼ(サクランボ)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

さくらんぼ(サクランボ)

さくらんぼ(サクランボ)【概要】

さくらんぼ(サクランボ)は冷え症、貧血、低血圧、疲労回復などに

さくらんぼ(サクランボ)はイラン北部からヨーロッパ西部にかけての山地に生える落葉髙木の果実で、小アジアでは紀元前から栽培化されていたといいます。日本にさくらんぼ(サクランボ)は、明治に入ってからフランスやアメリカから甘味種が導入され、北海道や東北に植えられましたが、特に山形が適していたため、現在もさくらんぼ(サクランボ)の特産地になっています。

さくらんぼ(サクランボ)の果肉には糖質、有機酸をはじめ、カロチン、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCが含まれています。その他さくらんぼ(サクランボ)には鉄、カルシウムが含まれているので、季節のくだものとして生食すれば、体のためになります。さくらんぼ(サクランボ)の果実を35度の焼酎に1~2ヶ月つけてから、食前に飲めば冷え症、貧血症、低血圧症、疲労回復などに効果があります。

さくらんぼ(サクランボ)に含まれる健康成分

さくらんぼ(サクランボ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□さくらんぼ(サクランボ)に含まれる成分(アミグダリン(ビタミンB17))の効果があると思われるもの
ガン(癌) / ・・・もっと見る
□さくらんぼ(サクランボ)に含まれる成分(果糖(フラクトース))の効果があると思われるもの
二日酔い / 疲労回復 / 肝機能(肝臓) / ・・・もっと見る
□さくらんぼ(サクランボ)に含まれる成分(ビタミンP)の効果があると思われるもの
健胃作用 / 血管強化 / 高血圧 / ・・・もっと見る
□さくらんぼ(サクランボ)に含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 口内炎 / 過敏性腸症候群(IBS) / 爪 / 白内障 / にきび(ニキビ) / 胃腸病 / ・・・もっと見る
□さくらんぼ(サクランボ)に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
□さくらんぼ(サクランボ)に含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにさくらんぼ(サクランボ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「さくらんぼ(サクランボ) 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加