> 

ウコンに関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

ウコン

ウコン【概要】

ウコンは古くからアジア料理の代表的な香辛料、着色料として用いられるハーブです。ウコンの原産国はインド、中国です。ウコンを利用する場合は根茎を使用します。ウコンの主な特長成分はクルクミン・セスキテルペン類です。ウコンの代表的な効能として胆汁分泌を促して肝機能を改善するということがあります。その為ウコンは二日酔いなどに効果的ということがよく知られています。健康な男性を対象とした試験では、アルコール摂取後の血中アルコール濃度が、ウコンの摂取により低値を示す傾向が見られたようです。

ウコンはインドの伝統的医療法アーユルヴェーダで使用されるほか、漢方では利胆、健胃、利尿、止血、通経薬としても応用されています。ウコンはクルクミンやセスキテルペン類の肝保護作用のほか、抗酸化作用、抗炎症作用および胆汁分泌促進作用により肝機能を改善すると考えられています。また、健胃作用および胃液分泌促進作用があるといわれ、アジア諸国では芳香健胃薬としても活用されています。

ウコンの期待される効能・効果

肝機能改善・悪酔い防止・健胃作用抗炎症作用抗酸化作用

ウコンに含まれる健康成分

ウコンに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ウコンに含まれる成分(クルクミン)の効果があると思われるもの
抗炎症作用 / 抗酸化作用 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにウコンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ウコン 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加