> 

カシスに関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

カシス

カシス【概要】

  • カシスは目に効果的なアントシアニンを多く含む果実です
  • カシスはビタミンやミネラルも多く含んでいます
  • カシスにはデザートやジャム、リキュールによく利用されています

カシスとは直径は1cm弱で黒色の果肉をもつユキノシタ科スグリ属に分類される果実です。日本ではクロスグリ、英語圏ではブラックカントとも呼ばれています。ちなみにカシス(Cassis)はフランス語になります。

カシスは食用として、果実、種子油、乾燥某が利用されています。甘酸っぱさと香りからカシスは特にヨーロッパで人気の高いベリーで、食経験は長く、ジュースやジャム、お菓子、リキュールなどに広く使用されています。

カシスの有効成分

カシスにはビタミンCビタミンEなどのビタミンやマグネシウム分などのミネラル類も豊富に含まれています。これらに加えて、抗酸化成分である赤紫色の色素成分アントシアニンの含有量が多いのが特徴です。

カシスには次のような有効成分が含まれています。

ビタミンA
●ビタミンC
●ビタミンE
βカロテン
●マグネシウム
●鉄
アントシアニン
 ・デルフィニジン-3-ルチノシド
 ・シアニジン-3-ルチノシド

カシスの効能・効果

カシスには次のような効能・効果が期待されています。

疲れ目(眼精疲労)
●視覚改善(目のピント調整)
●緑内障進行の抑制
血行促進
抗酸化作用

カシスの効能・効果として最もよく知られているものは目に関するものです。

カシス特有のアントシアニンであるデルフィニジン-3-ルチノシドとシアニジン-3-ルチノシドは目のピント調整に重要な毛様体筋を弛媛させ、持続的に緩和させる働きがあります。

またカシスに含まれるアントシアニンは末梢血管を拡張させる作用があると考えられており、これら2つの作用は”目のコリ”をほぐす効能があるされ、その結果、疲れ目や視覚改善等の効果的と考えられています。

カシスの副作用・安全性

カシスを通常の食品の範囲で摂取する場合には安全性が示唆されています。

妊娠中や授乳中の摂取に関しては十分なデータがないため使用は控えた方がよさそうです。また乾燥葉としての安全性に関しても十分なデータがないようです。

薬との相互作用に関しては特に問題はないようです。

カシスに含まれる健康成分

カシスに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□カシスに含まれる成分(アントシアニン)の効果があると思われるもの
視力 / 疲れ目(眼精疲労) / 血栓 / 抗酸化作用 / 動脈硬化 / ドライアイ / ・・・もっと見る
□カシスに含まれる成分()の効果があると思われるもの
髪の毛 / 血管強化 / 爪 / 慢性疲労 / 冷え性 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
□カシスに含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□カシスに含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
□カシスに含まれる成分(ビタミンE)の効果があると思われるもの
肝班 / 頭痛 / 爪 / 気管支喘息 / アルツハイマー / 白内障 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□カシスに含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
アルツハイマー / 視力 / ドライアイ / アンチエイジング / 疲れ目(眼精疲労) / 疲労回復 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□カシスに含まれる成分(マグネシウム)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 頭痛 / わきが(腋臭) / 心臓病(心疾患) / 高血圧 / 精神安定 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにカシスについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「カシス 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加