> 

杜仲茶に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

杜仲茶

杜仲茶【概要】

  • 杜仲茶とは中国原産のトチュウの葉を煎じて飲む健康茶。
  • 杜仲茶は杜仲茶配糖体と言われる薬効成分を含む。
  • 杜仲茶は「血圧を下げる」「肥満を防止」などの効果が期待されています。

杜仲茶とは中国に自生するトチュウ科の落葉樹の葉を原料につくられるお茶です。

「杜仲茶」と言う名前は、むかし杜仲という人が、この樹皮を煎じて飲んだところ、関節の痛みがとれ、全身が軽くなったことが名前の由来とされます。

トチュウの樹皮は漢方薬の原料として使われています。またトチュウの乳白色の樹液は天然ゴムとして利用されています。

杜仲茶にはカフェインが含まれていないので、胃腸に優しく興奮作用もありません。またタンニンも少ないので苦味が弱く、妊娠中の方や子供などでも安心して飲用することができます。

杜仲茶の栄養成分と効能・効果

トチュウにはビタミンC、リグナン、ペクチンアルカロイドと言った成分が含まれています。

杜仲茶の主な薬効としては、「血圧を下げる」「肥満を防止」などがあります。特に「血圧を下げる」効果では特定保健用食品の認可を受けた商品も販売されています。

杜仲茶には杜仲茶配糖体と言われる天然成分を含んでいます。杜仲茶配糖体とは杜仲茶に含まれるイリドイド配糖体、リグナン配糖体、フラボノイドなどの配糖体成分の総称です。

この中のイリドイド配糖体(ゲニポシド酸)は副交感神経に作用し、動脈を弛緩させることで血圧を下げると考えられています。この効能から、杜仲茶は高血圧動脈硬化などに効果的と言われています。

また杜仲茶に含まれる配糖体は中性脂肪コレステロールを減らす効能があることがいくつかの研究で報告されています。

これらのことより、杜仲茶には抗肥満作用があり、メタボリックシンドロームダイエットにも効果が期待できるとわれています。

その他、杜仲茶には肝機能の向上などの効能も報告されています。トチュウの樹皮は漢方の生薬として利用されていますが、その効能は肝機能の向上、高血圧をはじめ、利尿作用腰痛、倦怠感の解消などです。

杜仲茶の飲み方

杜仲茶は他のお茶同様、乾燥葉を急須に入れ、熱湯を注いでお茶としうに飲用します。

杜仲茶の副作用・危険性・注意点

杜仲茶は適切に使用する限り安全な食品です。

尚、トチュウの樹皮を乾燥したものは生薬なので、食用はもちろん処方箋がないと使用できません。

杜仲茶に含まれる健康成分

杜仲茶に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□杜仲茶に含まれる成分(アルカロイド)の効果があると思われるもの
免疫力強化 / ・・・もっと見る
□杜仲茶に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
□杜仲茶に含まれる成分(フラボノイド)の効果があると思われるもの
脳卒中 / 動脈硬化 / ストレス / 抗酸化作用 / 高血圧 / 血行促進 / 血管強化 / ・・・もっと見る
□杜仲茶に含まれる成分(ペクチン)の効果があると思われるもの
食欲不振 / 便秘 / 肥満 / 動脈硬化 / 糖尿病 / コレステロール / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームに杜仲茶について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「杜仲茶 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加