> 

ルイボスティーに関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

ルイボスティー

ルイボスティー【概要】

  • ルイボスティーとは南アフリカ原産のアスパラス・リネアリスを原料とした健康茶。
  • ルイボスティーは豊富なミネラルと抗酸化作用があるSODを含むのが特長。
  • ルイボスティーは美肌や妊婦、不妊に効果的と考えられている。

ルイボスティーとは南アフリカの最南端にある山(セダルバーグ山脈)でしか育たないマメ科の植物、アスパラス・リネアリスの葉を加工して作られます。”ルイボス”とはアスパラス・リネアリスの俗称で、「赤い (ROY) 灌木 (BOSS)」という意味を持ちます。

ルイボスティーは主に南アフリカ及びヨーロッパで親しまれているお茶です。ルイボスの葉はお茶の他にリキュール(ルイボスリキュール)としても利用されています。

ルイボスティーはタンニンが少なく、カフェインも含まないので苦味や興奮作用もなく、リラックスするのに適したお茶です。また子供にも飲みやすいお茶と言えます。

ルイボスティーの効能・効果・栄養成分

ルイボスティーの成分特長は亜鉛カルシウム鉄分マンガンなどミネラルが多いことに加えSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)を含むフラボノイド類を含んでいることです。

ミネラルはの形成、神経伝達、体内のイオン調整など人にとって非常な重要な作用を持ちます。またSODは強力な抗酸化作用があり、人に対する様々な害を防いでくれます。

ルイボスティーはミネラルの中でも亜鉛や鉄分を多く含み、更にSODの抗酸化作用により美肌に効果的と言われています。特に肌荒れや血色の悪さの改善には効果的と考えられます。また、ミネラルと抗酸化作用の組合せはアンチエイジングにも効果的と言えます。

さらにルイボスティーはミネラルと抗酸化作用を持つことから、アレルギーアトピー性皮膚炎喘息花粉症によいとも言われますが、その具体的メカニズムは明確になっていません。

ルイボスティーは妊娠中もしくは不妊対策として利用される方も多いようです。これに関しては後述致します。

ルイボスティーと不妊対策・妊娠中の効果に関して

ルイボスティーを調べていると不妊対策や妊娠中の効果を期待している方が多くいることが分かります。

ルイボスティーは薬ではないので、直接的な効果は期待することができないのですが、どういった根拠でこのようなことを言われているのか確認してみました。

●ルイボスティーの不妊への効果に関して
ルイボスティーが不妊に効果的と言われる所以には、やはりミネラルと抗酸化作用の効能があります。

ミネラルの中でも亜鉛・マンガン・カリウムは卵子や精子を始めとする生殖機能に作用する重要な成分です。また抗酸化作用は卵子の元である卵母細胞の減少を抑制する効果があるようです。

これらのことにより、ルイボスティーは生殖機能を高めると考えられ、不妊に効果的と言われているようです。

●ルイボスティーの妊娠中の効果に関して
まずルイボスティーにはカフェインが含まれておらず、タンニンも少ないことから妊娠中でも比較的安心して飲める(過剰摂取はリスクがあります)お茶で、リラックス目的にも向いていると言えます。

ルイボスティーは妊娠中に不足しがちなミネラル補給に適しています。ミネラル補給は妊婦だけでなく、赤ちゃんにも重要です(特に亜鉛、カルシウム、鉄分)。

こういったことからルイボスティーは妊娠中に効果的と言われているようです。しかしながら妊娠中や授乳中の安全性を確証するデータがないことも事実ですし、ミネラルの過剰摂取は害となりますので、妊娠中や授乳中の利用には注意しましょう。

ルイボスティーの飲み方・利用法

粉末茶のルイボスティーは適当量をお湯などに溶いて飲用します。ティーパックのルイボスティーは紅茶などと同じようにお湯で煎じて飲みましょう。南アフリカでは乳と砂糖を入れ、ミルクティーにすることが一般的なようです。

その他、ルイボスティーの効能・効果を期待してルイボスティーの茶葉やティーパックを煎じてお風呂に入れるルイボス風呂という利用の仕方もあるようです。

ルイボスティーの副作用・危険性・注意点

ルイボスティーは通常のお茶として摂取する場合は安全とされています。妊娠中・授乳中の安全性に関しては報告がありませんので利用には注意が必要です。

またミネラルは過剰摂取による副作用がありますので、ルイボスティーも過剰に飲むことは避けた方がよいと思われます。

ルイボスティーに含まれる健康成分

ルイボスティーに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ルイボスティーに含まれる成分(亜鉛)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 気管支喘息 / 加齢黄斑変性症 / 貧血 / 痴呆症 / 薄毛(はげ) / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□ルイボスティーに含まれる成分(カルシウム)の効果があると思われるもの
胃酸過多 / わきが(腋臭) / 爪 / 妊娠 / 肩こり / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 歯 / ・・・もっと見る
□ルイボスティーに含まれる成分()の効果があると思われるもの
髪の毛 / 血管強化 / 爪 / 慢性疲労 / 冷え性 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
□ルイボスティーに含まれる成分(フラボノイド)の効果があると思われるもの
脳卒中 / 動脈硬化 / ストレス / 抗酸化作用 / 高血圧 / 血行促進 / 血管強化 / ・・・もっと見る
□ルイボスティーに含まれる成分(マンガン)の効果があると思われるもの
気管支喘息 / 肝機能(肝臓) / 糖尿病 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにルイボスティーについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ルイボスティー 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加