> 

サンザシに関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

サンザシ

サンザシ【概要】

  • サンザシとはバラ科サンザシの植物で、食物・漢方・ハーブに利用される。
  • サンザシにはサンザシの他、「オオミサンザシ」「セイヨウサンザシ」がある。
  • サンザシは下痢や消化吸収、心臓疾患に効果的と言われれる。

サンザシとはバラ科サンザシの植物で、食物・生薬で利用する場合はその果実のことを指します。サンザシは漢字で表記すると<山査子>となります。

サンザシには通常のサンザシの他、「オオミサンザシ」「セイヨウサンザシ」という種類があります。

サンザシやオオミサンザシは主に漢方の生薬に利用される他、ドライフルーツやサンザシ酒などに用いられます。セイヨウサンザシは主にハーブとして利用されています。

サンザシの効能・効果・栄養成分

サンザシ・オオミサンザシに含まれる主な成分としてはアミグダリン、クラテゴール酸、マスリン酸、酒石酸、ケルセチン、クロロゲン酸、ウルソール酸などの他、ビタミンB1ビタミンB2ビタミンC、シュウ酸、タンニンフラボノイド類、脂肪油などがあります。

セイヨウサンザシに含まれる主な成分としては、ルチン、ビテキシン、ヒペロサイド、サポニン、オリゴメリックプロシアニジン、トリメチルアミン、タンニン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどがあります。

サンザシ・オオミサンザシの効能・効果としてよく知られるのが、下痢の改善や消化不良の改善する他、コレステロール値を下げる効果も期待されています。

セイヨウサンザシは主に心臓疾患や循環器系への有効性が示唆されています。尚、ハーブで利用する場合はセイヨウサンザシの葉と花の抽出物を用います。

サンザシの使い方・料理方法

セイヨウサンザシは主にハーブで用います。サンザシ・オオミサンザシに関しては成熟した果実はそのまま食べたり、ドライフルーツにします。完熟前のものは日陰干しにして煎じたり、サンザシ酒にして飲用します。

サンザシの副作用・危険性・注意点

サンザシは適切な範囲で摂取する限り安全性が示唆されています。しかし、妊娠中や授乳中の摂取に関しては安全性が十分に証明されていないため避けた方がよいでしょう。

サンザシに含まれる健康成分

サンザシに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□サンザシに含まれる成分(クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール))の効果があると思われるもの
ガン(癌) / 子宮がん(子宮癌) / ダイエット / コレステロール / 脳卒中 / 体脂肪燃焼 / 肥満 / ・・・もっと見る
□サンザシに含まれる成分(サポニン)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 薄毛(はげ) / 肥満 / 動脈硬化 / コレステロール / 抗酸化作用 / 血栓 / ・・・もっと見る
□サンザシに含まれる成分(タンニン)の効果があると思われるもの
下痢 / 殺菌作用 / 抗酸化作用 / 二日酔い / ・・・もっと見る
□サンザシに含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 口内炎 / 過敏性腸症候群(IBS) / 爪 / 白内障 / にきび(ニキビ) / 胃腸病 / ・・・もっと見る
□サンザシに含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
□サンザシに含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにサンザシについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「サンザシ 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加