> 

レタスに関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

レタス

レタス【概要】

レタスはビタミン・ミネラルの給源に

レタスはヨーロッパ原産の一年草で、ギリシャ・ローマ時代から栽培され、日本にも古く渡来し、白苣(はくきょ)といわれていました。江戸時代にはレタスを萵苣(かきょ)と書いてチサとかチシャと呼びましたが、由来は乳草(ちちぐさ)の意味で。当時はレタスとしてはタチチシャが栽培されました。現在のように結球するレタスの種類は、明治以後にヨーロッパやアメリカから導入し、改良されたものです。

レタスの葉には、カロチンやビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCのほか、カルシウム、鉄などのミネラル、葉緑素が含まれています。レタスに含まれるビタミン類の量はそれほど多くありませんが、サラダなどにして生食すれば歯切れもよく、美味しく、栄養補給になります。レタスを青汁(野菜ジュース)にして飲めば一層良いものです。

レタスに含まれる健康成分

レタスに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□レタスに含まれる成分(ビタミンU)の効果があると思われるもの
粘膜の強化 / 健胃作用 / 胃腸病 / 胃酸過多 / 胃潰瘍 / 十二指腸潰瘍 / 食欲不振 / ・・・もっと見る
□レタスに含まれる成分(メチルメチオニン)の効果があると思われるもの
胃潰瘍 / 粘膜の強化 / 胃酸過多 / 胃腸病 / 十二指腸潰瘍 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにレタスについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「レタス 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加