> 

ふかひれに関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

ふかひれ

ふかひれ【概要】

ふかひれ(鱶鰭)とはサメの8枚あるひれのうち、胸びれ、第一せびれ、尾びれの4枚だけを利用し、表皮と軟膏を除き脱臭処理して乾燥させたものです。

ふかひれ(鱶鰭)はコラーゲンやエラスチンといった硬たんぱく質やコンドロイチンなどを多く含みます。ふかひれ(鱶鰭)を長時間煮込んだものはゼラチン化が進み、特有のテクスチャーを有するようになります。このようにふかひれ(鱶鰭)のひれごと利用する場合と、筋糸(きんし)とよばれる糸状の硬たんぱく質部分を取り出した製品もあります。ふかひれ(鱶鰭)は、メジロザメ、マブカ、ツマグロなどを原料とした白翅と、ヨシキリザメ、ナコザメ、アオザメなどを原料とした黒翅があり、白翅は黒翅より高級とされます。ふかひれ(鱶鰭)は中華料理の重要かつ高級な素材であり、スープやいろいろな煮込み料理に利用されます。

ふかひれに含まれる健康成分

ふかひれに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ふかひれに含まれる成分(グルコサミン)の効果があると思われるもの
変形性関節症 / 関節痛 / ・・・もっと見る
□ふかひれに含まれる成分(コラーゲン)の効果があると思われるもの
保湿 / 爪 / 抜け毛 / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / 疲れ目(眼精疲労) / 薄毛(はげ) / ・・・もっと見る
□ふかひれに含まれる成分(コンドロイチン)の効果があると思われるもの
過敏性腸症候群(IBS) / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 関節痛 / アンチエイジング / 美肌 / 肝機能(肝臓) / 心臓病(心疾患) / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにふかひれについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ふかひれ 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加