> 

アガリクス茸に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

アガリクス茸

アガリクス茸【概要】

アガリスク茸は免疫細胞を活性化する薬用キノコと言われています。アガリスク茸の原産地はブラジルと北米の草原地帯です。原産地であるブラジルのピエダーテ山脈地方は世界有数の長寿地帯で、生活習慣病の発生率が低いと言われています。

アガリスク茸が日本に持ち込まれたのは1965年のことです。アガリスク茸の免疫賦活作用のメカニズムはまだ不明な点が多いですが、免疫機能を活発にすることで外敵を排除すると考えられています。

現在までにT細胞、NK細胞など免疫細胞の活性化が報告。β-グルカンなどのキノコ多糖類が主に有効成分とされています。

アガリスク茸の特長成分

β-グルカン・α-グルカン・ペプチドグルカン

アガリスク茸の期待される効能・効果

免疫賦活作用

アガリクス茸に含まれる健康成分

アガリクス茸に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□アガリクス茸に含まれる成分(グルカン)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / コレステロール / 免疫力強化 / 整腸作用 / 便秘 / 肥満 / 気管支喘息 / ・・・もっと見る
□アガリクス茸に含まれる成分(ビタミンD)の効果があると思われるもの
骨盤 / アンチエイジング / 歯 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 前立腺ガン(前立腺癌) / インフルエンザ / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにアガリクス茸について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「アガリクス茸 食事」 →検索)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加